ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「位置情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「位置情報」に関する情報が集まったページです。

位置情報を分析:
美ら海水族館への来訪者、62.1%減 沖縄で人出の減少率が最も大きいのは?
沖縄セルラー電話は13日までに、スマートフォンの位置情報を基に、新型コロナウイルス感染拡大前後の県内の人出を分析した。2020年に主要16地点を訪れた人は……。(2021/2/15)

製造ITニュース:
アシックスが労働状況可視化ソリューションを開発、作業員の位置情報などを取得
アシックスは、工場内での作業員の位置情報などを記録、分析することで、労働状況を可視化できるソリューションを開発した。得られたデータは、業務改善のための課題抽出や、改善策の効果検証などに活用できる。(2021/2/15)

i-Construction:
東急建設が開発した「土砂運搬」を最適化するGPSとシミュレーターのデジタルツイン
東急建設は、建設現場の土砂運搬プロセスを最適化するシミュレーターを開発した。既に実現場で適用し、以前GPSで取得したダンプの位置情報データを用いて、運搬計画をサイバー空間でシミュレーションし、現実と仮想のデジタルツインで土砂運搬の効率化を実現した。(2021/2/12)

製造ITニュース:
機器の位置情報と状態をリアルタイム管理できるプラットフォームを提供開始
日本システムウエアは、車両や情報機器の位置情報と状態をリアルタイムに管理できる「NSW-MaaSプラットフォーム」の提供を開始した。運行管理サービス、宅配サービス、産業機械の稼働状況管理サービスなどで活用できる。(2021/2/9)

スマートフォンのモバイル広告IDと位置情報データで個人は特定できる──New York Times
New York Timesが、匿名希望の情報源が持ち込んだスマートフォンの匿名化された位置データを広告IDデータベースと照合することで、簡単に個人を特定できたと報じた。現在、こうした個人の特定を禁じる法律はない。(2021/2/8)

モバイル版「Googleマップ」、リアルタイムの電車位置表示(首都圏のみ)
AndroidおよびiOS版「Googleマップ」で、首都圏の鉄道と地下鉄のリアルタイムの遅延情報と位置情報が表示できるようになった。駅名横の電車・地下鉄アイコンをタップすると、各路線で走っている電車の位置も表示される。データは「公共交通オープンデータ協議会」のもので、2022年1月31日までの限定サービスだ。(2021/2/2)

ハイウェイラジオが聞けるアプリ、NEXCO中日本が公開 走行中の操作ゼロに
NEXCO中日本がスマホアプリ「みちラジ」を2月1日から提供する。スマホの位置情報をもとに交通情報を知らせる。出発前にアプリを起動すれば走行中の画面操作は不要に。(2021/1/28)

LINE WORKSとクラウド車両管理が連携、リアルタイム位置情報で何を目指すのか
スマートドライブとワークスモバイルジャパンは、クラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」とビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」のAPI連携による協業ソリューションを提供する。(2021/1/28)

サダタローのシェアさせていただきますR:
ダイエット中の漫画家、「テクテクライフ」の魅力を語る 位置情報ゲームなのに時間と場所に縛られない気楽さとは
漫画家のサダタローさんが、思わずSNSでシェアしたくなる話題を漫画で紹介する連載「サダタローのシェアさせていただきますR」。今回はAR位置情報ゲーム「テクテクライフ」を取り上げます。(2021/1/4)

密回避ソリューションセミナー:
パナソニック LS社が人の密集を可視化するシステムを開発、濃厚接触者の追跡に貢献
パナソニック ライフソリューションズ社は、建物内の人が密集するエリアを可視化する屋内位置情報システムを開発した。屋内位置情報システムは、既にリリースしている監視カメラシステムや入退室管理システム「eX-SG」と組み合わせて使用することで、社内で感染者が出た時に濃厚接触者を追跡することができる。(2020/12/17)

小型のGPS端末で子供を見守り 写真共有アプリ「みてね」が来春サービス開始
写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」は、子供用GPSサービス「みてねみまもりGPS」を2021年3月上旬に提供開始。小型・軽量のGPS端末の位置情報をスマホアプリで確認できる。(2020/12/15)

自動運転技術:
最高時速290kmで走行するフォーミュラカーを誤差10cmで測位、NTTドコモが鈴鹿で実証
NTTドコモは2020年12月14日、高精度GNSS位置情報サービスの実証実験で、最高時速290kmで走行中のフォーミュラカーで誤差10cmの測位に成功したと発表した。自動車や鉄道の自動運転などでの高精度測位技術の活用につなげていく。(2020/12/15)

建設業界のDXを推進:
鹿島道路、建機の稼働状況や位置情報を一元管理するシステムを採用
鹿島道路は、IoTやLPWAネットワークといったICTを活用して建機の稼働状況を可視化するシステムを導入した。加速度センサーとGPSセンサーを建機に設置し、建機が稼働時に発する振動から稼働状況を自動的に検出する。(2020/12/15)

ドコモの「高精度位置情報サービス」、最高時速290kmフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功
NTTドコモの「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」において、最高時速290kmで走行中のフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功した。高速走行中のフォーミュラカーを利用した高精度測位実証は、国内初をうたっている。(2020/12/14)

製造ITニュース:
倉庫内の資材などの位置情報を自動的に管理するシステムを共同開発
NEC通信システムは、ナ・デックスと共同で、工場や倉庫内で原材料や部品の位置情報を自動的に管理する「マーカーロケーションシステム」を開発した。どの資材がどこに保管されているかが随時把握できるようになる。(2020/12/11)

今日のリサーチ:
「鬼滅の刃」最終巻発売日の書店への人の流れが午前7時から急増――クロスロケーションズ調査
位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果です。(2020/12/8)

組み込み開発ニュース:
車両のシガーソケットに取り付けるGPSトラッカーを発売
ソラコムは、車両のシガーソケットに取り付けられるGPSトラッカー「RT299」を発売した。定期的に位置情報を送信するほか、ボタン押下やデバイス取り外し時の通知機能も有し、車両管理による業務効率化を支援する。(2020/12/2)

子供にスマホを持たせたくない人向け、見守り端末「coneco」発売
カーメイトは、子供向け見守り端末「coneco」を発売。リアルタイムに子供の位置情報を把握でき、メッセージの送受信やポイントでの通知機能を搭載している。(2020/11/25)

現場管理:
リアルタイム位置情報システムをBIMと連携、羽田隣接の「HICity」で施設運営ツールに導入
鹿島建設は、GNSS環境が無い現場でも、資機材や作業員の位置を把握する現場管理システムをBIMとリンクさせることで、商業施設内の人やロボットの動きを可視化して、施設運用の効率化につなげることを目指している。(2020/11/10)

今日のリサーチ:
ハロウィーンの渋谷、2020年は30代以下の人出が前年比63%減少――クロスロケーションズ調査
位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果。2020年のハロウィーン当日、東京・渋谷のスクランブル交差点などにおける人の流れは前年比で大幅に減少しました。(2020/11/4)

複数の衛星システムを活用して正確な位置情報を取得 GPSレシーバー/ロガー「GNS 3000」登場
リベルタジャパンが、複数の測位システムに対応するGPSレシーバー/ロガーを発売した。スマートフォンとはBluetoothを介して接続可能で、地図アプリなどの測位精度を高められるという。(2020/11/4)

ゲーム内で割引券発行 ローソン、IT技術で集客狙う試み続々
デジタル化に積極的なローソンは、広告効果を高めるため顧客の位置情報の活用、ゲームとのコラボ企画などを行っている。デジタル化などで売り上げを管理しやすくなったことなどが、取り組みが進む背景にある。(2020/11/4)

NXP Trimension SR040、SR150:
測位、測距機能を備えたIoT向けUWBデバイス
NXPセミコンダクターズは、IoT向けの測位、測距機能を備えた超広帯域無線(UWB)デバイス「Trimension SR150」「Trimension SR040」を発表した。スマートロックなどの新しいIoT技術向けに最適化され、高精度で相対的な位置情報を提供する。(2020/11/4)

ゲーム内で割引券発行 IT技術で集客狙う試み続々
コンビニエンスストアなどが時間帯や人の位置情報を分析するIT技術を駆使した集客に乗り出した。(2020/11/2)

モビリティサービス:
レンタカーの返却遅れを防ぐ、アルプスアルパインが車両位置測定システム開発
アルプスアルパインは2020年10月22日、車両の位置測定用アプリケーションとそれを搭載した携帯型デバイス、独自開発の位置管理コンソールをパッケージ化した「位置情報監視システム」を販売開始すると発表。車両の返却遅延などに悩むレンタカー事業者に向けて販売する。(2020/10/27)

誤差2センチ:
まるで下町ロケット! 自動トラクターが耕すスマート農業
GPSの位置情報をもとに、手放し運転の自動操舵トラクターが白ネギ畑をまっすぐ進む。情報通信やロボット技術を取り入れた「スマート農業」の実演会が開かれた。農業の未来を切り開く手段として国や自治体は普及に本腰を入れるが、その背景には……。(2020/10/22)

Google、2016年提供開始の「あんしん連絡先」アプリのサポートを12月1日終了
Googleが2016年から提供している緊急時に自分の位置情報を知らせるアプリ「あんしん連絡先」のサポートを12月1日に終了する。同社は代替サービスとして、Googleマップの「現在地の共有」機能を勧めている。(2020/10/19)

FAニュース:
位置情報や作業実績をリアルタイムに把握、中小製造業向けIoT化推進サービス
テクノアは、中小製造業向けIoT化推進サービス「まるごとIoT」シリーズの新製品「Ez-Bee」の販売を開始する。ヒトやモノの位置情報や作業実績などをリアルタイムに把握、一元管理でき、製造現場のIoT化を推進する。(2020/10/2)

「地図をぬる」位置情報ゲーム「テクテクライフ」10月1日公開 「三密を助長しない、外に出るタイプのゲーム」
現実世界を移動しながら、ゲーム内の地図を塗って楽しむ位置情報ゲーム「テクテクライフ」が10月1日に公開。「テクテクテクテク」をベースに、「地図を塗る」ことに特化したゲームだ。(2020/9/29)

医療機器ニュース:
活動量計のアルゴリズムを外部提供、第1号として位置情報ゲームに搭載
タニタは、活動量計の中核技術「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格的に開始した。第1号案件として、スクウェア・エニックスが提供するスマートフォン向け位置情報ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエストウォーク」に搭載した。(2020/9/29)

消費者のニーズに合わせてキャンペーン配信 KDDIとローソンが実証実験 位置情報と購買データ活用
KDDIとローソンが、スマートフォンの位置情報やコンビニでの購買情報を活用して、各消費者のニーズに合わせたキャンペーン情報などの通知を行う実証実験を始めた。(2020/9/24)

ポイント還元も:
KDDIとローソン、位置情報で「50%値引き」案内 消費期限が近い弁当など、廃棄ロス削減へ
KDDIとローソンが、位置情報や購買情報などに基づき、特典や値引き情報をスマートフォンアプリに配信する実証実験を始める。店舗の廃棄ロス削減も目指す。(2020/9/24)

今日のリサーチ:
個人情報の取り扱いと位置情報の利用に関する意識 日本は他国と大きな差――Genesys調査
個人情報に関する意識と傾向について、日本を含む世界6カ国で18歳以上の男女5000人を対象にグローバル調査を実施しました。(2020/9/2)

「特務機関NERV防災アプリ」、運用費は年間6000万円 収益化に向け“サポーターズクラブ”設立
セキュリティ企業のゲヒルンは、自然災害関連の情報や防災気象情報などをユーザーの位置情報に基づいて配信するスマートフォン向け「特務機関NERV防災アプリ」(iOS/Android)に月額制の会員制度「サポーターズクラブ」を設立したと発表した。(2020/9/1)

SCSK、リモートワークの勤怠管理を効率化する新たなソリューションを提供開始
SCSKは、勤怠管理システムとIoTソリューションを組み合わせた新たな「勤怠管理ソリューション」を発表。BLEタグで従業員の位置情報を把握する仕組みにより、リモートワーク/ウィズコロナに対応する新たな働き方に即した勤怠管理を実現する。(2020/8/27)

Googleマップ、都バスのリアルタイム位置情報に対応 経路検索時に表示
公共交通オープンデータ協議会が8月18日から、東京都交通局の運行する都営バスの走行情報データをGoogleへ提供開始。Googleマップの経路検索画面に都営バスの現在位置が表示されるようになった。(2020/8/19)

欠番の「日本航空123便」が航空機位置情報アプリに出現? 真相をアプリ運営会社と日本航空に聞いた
8月6日午前0時ごろ、“JL123”というコードの航空便が、航空機の位置情報をリアルタイムに表示するアプリ「Flightradar24」上に現れた。同日午前1時までに姿を消したが、なぜ日本航空123便を表す便名が現れたのか。Flightradar24と日本航空に取材した。(2020/8/6)

スマートビル:
新型コロナ対策のオフィスIoTツール「Beacapp コロナ対策マップ」
三井デザインテックは位置情報ソリューションを持つビーキャップと協力し、新型コロナウイルス感染症対策のオフィスIoTツール「Beacapp コロナ対策マップ」を開発。各種センサーとスマートフォンを活用し、オフィス内の密状態や罹患者が出た場合の行動記録の把握を可能とした。(2020/8/3)

Android版接触確認アプリ、Android 11では位置情報設定オフで利用可能に
Android版の新型コロナの接触確認アプリを有効にするために端末の位置情報設定をオンにする必要があることについてGoogleが説明し、今秋公開予定の「Android 11」では位置情報設定がオフでもアプリを利用できるようにすると発表した。(2020/8/1)

「arrows Be F-04K」がOSバージョンアップ Android 10に
NTTドコモの「arrows Be F-04K」に2度目のOSバージョンアップが実施される。アプリの位置情報取得に関する設定が細かくなるなど、Android 10の新機能を取り入れているが、「ジェスチャーナビゲーション」や「ダークテーマ」には対応しない。(2020/7/27)

「Google フォト」で地図から写真を探せるようになった! その使い勝手は?
「Google フォト」では、1つ1つの写真に対してそれがどこで撮ったものが地図を表示することはできるが、地図から写真を探すことができなかった。しかしGoogle フォトアプリのアップデートにより、マップビュー機能が付いたのだ。位置情報を持っていない写真をマッピングされていて面白い。(2020/7/23)

位置情報シェアアプリ「Zenly」、友達の移動経路や目的地を表示する新機能
位置情報共有アプリ「Zenly」に、友達登録したユーザーが移動を始めたときに、出発地点と移動経路をリアルタイムに確認できる機能「Going」が登場した。(2020/7/6)

無くしても追跡できる完全ワイヤレスイヤフォン 探し物トラッカー「Tile」の機能を搭載
Bluetoothトラッカー「Tile」を手掛ける米Tileは、米Skullcandyの完全ワイヤレスイヤフォンにTileの追跡機能が採用されたと発表した。イヤフォンの片方を見失ってもBluetoothなどを使って位置情報を追跡できる。(2020/7/2)

Google、位置・検索履歴データの18カ月後自動削除を新規アカウントでデフォルトに
Googleが、新規アカウント作成時の一部のユーザーデータ自動削除設定をデフォルトで有効にした。位置情報は18カ月後、YouTube履歴は36カ月後に自動削除される(変更可能)。(2020/6/25)

英国もコロナ追跡アプリでAppleとGoogleのAPI採用に方向転換「Appleがシステムを変更しないので」
ドイツ政府に続き、英国政府も新型コロナ接触通知アプリの方針を変え、AppleとGoogleが共同開発したAPIを採用すると発表した。位置情報を収集する独自アプリはAppleがシステムを変更しない限りiPhoneでは機能しないため。(2020/6/19)

位置情報ゲーム「テクテクテクテク」後継作品が近くリリースか ディレクターの麻野一哉さんが「暑いうちに出したい」とツイート
待ってた!!!!!(2020/6/17)

組み込み開発ニュース:
Bluetooth 5.2対応、屋内で方向探知可能な無線通信モジュール
太陽誘電は、Bluetoothの最新コア仕様バージョン5.2に対応した無線通信モジュール「EYSNCNZWW」「EYSNSNZWW」を発表した。両製品は方向探知機能に対応しており、屋内施設で位置情報を把握できるため、医療や物流のデバイス用途に適している。(2020/6/1)

「外出自粛のゆるみ」はどこに:
高齢者はGWに巣鴨の商店街へ殺到したのか 独自データで解明
GW中の東京の有名商店街における外出自粛傾向を調査。特に「お年寄りの原宿」とされる巣鴨は? 位置情報ビッグデータから意外な結果が。(2020/5/12)

「NewsDigest」アプリ、新型コロナウイルスの感染場所が確認可能に
JX通信社は、速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で新型コロナウイルスの感染事例が発表された場所を表示できる機能を提供。GPSの位置情報機能を活用したもので、現在地周辺での感染事例を確認できる。(2020/5/7)

位置情報ビッグデータ活用:
近所の小売店の混雑状況、時間・曜日別に検索できるサイト登場 AIで「密」回避
近所のスーパーなどの混雑状況を検索できるサイトが登場。曜日・時間帯別に調べられ空いているタイミングが分かる。AIが位置情報のビッグデータを解析。(2020/5/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。