ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「位置情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「位置情報」に関する情報が集まったページです。

最新版をリリース:
「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。(2019/5/23)

自動運転技術:
HEREの位置情報活用、共有基盤が日本向けに対応、データなどの販売も可能に
HERE Technoligies(以下HERE)は2019年5月15日、東京都内で記者会見を開き、クラウド上で位置情報データを検索、構築、共有するための共通データソース「Open Location Platform(オープンロケーションプラットフォーム)」を日本向けにローカライズし、2019年第2四半期末までに提供すると発表した。(2019/5/16)

組み込み開発ニュース:
遠隔地からでもデータ管理が可能、次世代LPWA規格ZETA対応IoTデバイス
凸版印刷は、次世代のLPWA規格「ZETA」対応のIoTデバイス開発で、ACCESSと協業する。GPSを利用して位置情報を監視する「GPSトラッカー(ZETA版)」、カメラによる位置情報からAI解析する「IoTカメラ(ZETA版)」を今夏より提供開始する。(2019/5/16)

iOSの一部ユーザーの位置情報をうっかり収集――Twitterが不具合を発表
iOS向けのTwitterについて、ユーザーの位置情報が特定の状況下で意図さず収集され、パートナー1社に提供されていた問題が見つかった。(2019/5/14)

「二郎系ラーメンが食べられる場所マップ」登場 開発の詳細、Qiitaで公開
各地の「二郎系ラーメン」が食べられる場所を地図上にプロットし、ヒートマップで確認できるサービスが登場した。@paulxllさんが「位置情報データの可視化に便利なライブラリfoliumを布教するために」作成したもので、Qiitaで詳細を明かしている。(2019/5/8)

Google、位置情報履歴とWeb・アプリ履歴を自動削除する機能を発表
一定期間が過ぎた履歴を自動的に削除することが可能に。(2019/5/5)

ARでヤンバルクイナを観察 観光コンテンツに位置情報も活用―NTTドコモとJTB沖縄がバスツアーで実証
NTTドコモとJTB沖縄は、ARや位置情報を活用したツアーバス向けの「新体感観光サービス」の実証実験を行った。バスの移動位置に応じて観光情報を表示する他、360度パノラマ動画でやんばる奥地の森を見たり、ARで野生のヤンバルクイナを観察したりできるコンテンツを配信。2019年度の実用化を目指す。(2019/4/23)

組み込み採用事例:
LTE-Mを活用した除雪車の位置情報と稼働時間の可視化に成功
フジクラとIoTBASEは、長野県大町市でLPWAネットワークの1つであるLTE-M(LT Cat.M1)通信を活用した除雪車管理の実証実験を実施した。除雪車の位置情報と稼働時間の可視化に成功し、問い合わせに迅速に対応できた。(2019/4/17)

動画の世紀:
TikTokはなぜ「位置」を集めるのか? ユーザー動画と位置情報が融合するとき
若者を中心に人気のTikTokは、単なるショートムービーSNSではない。その目指すところは?(2019/3/31)

位置情報見える化:
PR:工場の人やモノの動きをリアルタイムで可視化、位置情報が生むIoTの新たな価値
工場内の人やモノの現在地や移動や動線をリアルタイムに可視化する。そんな位置情報サービスを開発し、注目されているのがベンチャー企業のビーキャップだ。ビーコンとクラウドを連携させたシンプルかつ低コストなプラットフォームを生かすことで、IoTへの参入障壁を下げ、業務改善に役立つシステムを短期間で構築できるのが特徴だ。(2019/3/26)

「よくできている=売れるゲーム」ではない スマホゲーム“基本プレイ無料”の難しさ
ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が、サービス開始から約半年で撤退する。スマホゲームで主流な“基本プレイ無料”のビジネスモデルの難しさが露呈した。(2019/3/22)

「Android Q」のBeta 1公開 Pixelシリーズにインストール可能
Googleが次期モバイルOSを「Android Q」とし、最初のBeta版を公開した。初代からのすべてのPixel端末にインストールできる。位置情報などのプライバシーの強化や折りたたみ端末のサポートなど多数の新機能が盛り込まれる。(2019/3/14)

ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」 6月にサービス終了 約半年で
ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が6月17日にサービスを終了する。現在の課金規模では事業として成立しなかったという。(2019/3/13)

ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」6月17日で終了決定 サービス開始から約半年で
「一生歩けるRPG」の夢叶わず……。(2019/3/13)

現場管理:
資機材のデジタル在庫管理と位置情報や稼働状況をリアルタイムで“見える化”、鹿島建設
鹿島建設は、既存の識別タグを利用してあらゆる資機材の現場への出入りを把握する在庫管理システム「KENLOGI(ケンロジ)」と、資機材の現場内での位置情報や稼働状況をリアルタイムに確認する「K-Field(ケイ・フィールド)」を開発した。(2019/3/12)

幼稚園バスの現在位置をマップで表示――NTTドコモ、シンガポールで「バスロケーションサービス」の実証実験を開始
NTTドコモは、シンガポールの幼稚園で、園児を送迎するスクールバスの位置情報を提供する「バスロケーションサービス」の実証実験を開始した。バス停留所で園児を待つ保護者や幼稚園の管理者は、スマホアプリなどでバスの現在地を確認できる。(2019/3/8)

ウェアラブルIoT:
アジア航測ら「ウェアラブルIoT」を橋梁工事で試行、作業員の健康状態や作業効率を“可視化”
アジア航測ら5者から成るコンソーシアムは、作業員の生体データと位置情報を取得して、建設現場の安全管理と生産性向上に役立つウェラブルIoT技術を橋梁(きょうりょう)工事で試験運用し、有用性を確認した。この技術では、作業員の心拍数や位置情報、姿勢、加速の回数、つまずき回数を高精度に取得することで、健康状態、現場の配置状況、作業効率などを可視化する。(2019/2/27)

Facebook、公式Androidアプリの起動しなくても位置情報を収める設定を無効化できるように
FacebookのAndroidアプリで位置情報へのアクセスを許可すると、これまではアプリを終了しても位置情報を提供し続けるしかなかったが、iOSアプリ同様にバックグラウンドでは位置情報提供を無効にできるようになった。(2019/2/21)

ドローン:
ドローン同士の直接通信と自動飛行制御システムでニアミス回避に成功
情報通信研究機構は、ドローン同士の直接通信により、ニアミスを自動的に回避する実験に成功した。位置情報を共有するシステムとドローンのフライトコンピュータを連携させることで、ドローンが自動飛行制御する。(2019/2/14)

歩くだけでポイントがたまる Agoopがウォーキングアプリ「WalkCoin(アルコイン)」を公開
位置情報を使ったビッグデータ事業を行っているソフトバンクの子会社が、新たな事業としてウォーキングアプリの提供を開始する。歩くとポイントがたまり、ためたポイントでプレゼントの抽選に参加できる仕組みだ。(2019/2/7)

空港で旅客の顔をカメラで追跡、乗り遅れを防止 デンソーなど実用化へ
顔認証で、空港の保安検査場入り口以降のエリアにいる旅客の位置情報を特定。乗り遅れなどを防ぐシステムをデンソーウェーブらが開発。早期の実用化を目指す。(2019/1/29)

方向検知機能の追加で:
Bluetooth、センチメートル精度の測位も可能に
Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2019年1月28日(米国時間)、Bluetoothによる位置情報サービスの性能を向上させる方向検知機能を発表した。Bluetoothデバイスに、信号が発信された方向を認識させることができる機能である。(2019/1/29)

Bluetooth 5.1ではcm単位の方向探知が可能に
Bluetooth SIGが、「Bluetooth 5.1」規格の新しい方向探知機能はセンチメートル単位で位置情報を特定できると発表した。(2019/1/29)

ソフトバンクの「Pokemon GO Special Weekend」が2月23日に再開
ソフトバンクは、開催を延期していた位置情報ゲーム「Pokemon GO」の限定イベント「Pokemon GO Special Weekend」を2月23日に再開決定。ソフトバンク/Y!mobileユーザーはアンケートへの回答で必ず、その他のユーザーは抽選で参加権が貰える。(2019/1/17)

ガチ勢は歩かない? 掟破りな位置情報ゲーム「テクテクテクテク」の味わい方
位置情報ゲーム「テクテクテクテク」を始めて約1カ月。当初は家や職場の周りをテクテクしていたが、夢中になってくるとテクテク歩くだけでは物足りなくなってくる。(2019/1/12)

河原でエロ漫画を拾ったあの日々がアプリで蘇る 集英社、位置情報でジャンプ漫画を拾って回し読みできる「マワシヨミジャンプ」リリース
「電車の網棚に置かれたマンガ誌を手に取る」ような体験をよみがえらせたい、との思いから。(2019/1/10)

ジャンプ漫画を“拾って回し読み”できるアプリ「マワシヨミジャンプ」公開
新アプリ「マワシヨミジャンプ」が公開。位置情報と連携したアプリで、マップ上で近くに表示された電子書籍を“拾って”読むことができ、読み終えた電子書籍を好きな場所に置いてほかの読者に読ませられる。(2019/1/10)

Microsoft Teamsに音声メッセージ録音や位置情報共有など、Firstline Worker向け新機能
MicrosoftのSlack対抗チームコラボレーションツール「Teams」に、フィールドサービス担当者などの「Firstline Worker」のための新機能が追加された。位置情報共有やシフト調整の他、モチベーションアップのための賞賛バッジもある。(2019/1/10)

街中に“巨大キズナアイ”出現 「テクテクテクテク」がVTuberとコラボ
スマートフォン向け位置情報ゲーム「テクテクテクテク」に巨大キズナアイが登場。今後も有名VTuberが続々と登場する。(2019/1/10)

GPS、AR、スマートスピーカー、AI、IoT……:
日本版GPS“みちびき”が本格始動したら位置情報取得はどう変わる?――2018年AI IoT系記事閲覧数ランキング
2018年も多くのAI/IoT系の記事が掲載されました。本記事では、その中からベスト10を振り返ります。(2019/1/9)

荷物泥棒を粉状のラメ噴射で撃退 映像と位置情報をクラウドに自動送信する装置がリアル・ホーム・アローン
人の荷物をとったらダメ(2019/1/4)

プレキャスト:
次世代のプレキャスト生産システム、第一弾は“RFIDタグ”で出荷までを一括管理
三井住友建設は、プレキャスト(PCa)部材の生産工程にIoTを導入した次世代の生産管理システム「PATRAC(パトラック/Precast Automatic TRACing system)」の開発をスタートさせた。将来的には、設計BIMモデルや位置情報のGNSSも活用して、全生産プロセスをオートメーション化させる。(2018/12/27)

初日の出の時刻、位置情報で予測 ウェザーニューズのスマホアプリ
ウェザーニューズがスマートフォンアプリで初日の出の情報を公開。ユーザーの位置情報を基にした時刻予測も行う。(2018/12/26)

「ポケモンGO」で挫折した私が「テクテクテクテク」を楽しめている理由
ドワンゴのスマートフォン向け位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が11月に配信された。既存の位置情報ゲーム「Pokemon GO」とはどこが違うのだろうか。(2018/12/13)

iOS版「Googleマップ」アプリにもAI採用「おすすめ」タブ追加
GoogleがiOS版「Googleマップ」に「おすすめ」タブを追加した。Android版には6月から使えている機能だ。位置情報と履歴を有効にしておくと、おすすめのレストランやカフェの情報を表示する。(2018/12/11)

ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」配信開始 今後は「レイドバトル」「牧場」を実装
アップデートは2019年1月下旬に行う予定。(2018/11/29)

地盤改良工事の“施工位置”と“工事進捗”をリアルタイムに見える化、BIMとの連携も視野に
東急建設とテノックスは、地盤改良工事を対象に施工位置情報と、施工機械から得られる施工情報を、リアルタイムで一元管理可能な施工管理システムを共同開発した。既に東京都市大学の学生寮新築工事に試験導入し、工事立ち会いのタイミングロス低減に効果があった他、施工中の計画変更にも迅速に対応できることが確認された。今後は、BIMモデルと施工管理システムを連携させ、維持管理や更新時の設計にも活用できるシステム構築を目指すという。(2018/11/27)

STマイクロ Sigfox Monarch認証済み低消費電力ソリューション:
Sigfox Monarch認証済みの低消費電力ソリューション
STマイクロエレクトロニクスは、Sigfoxの遠隔トラッキング・位置情報サービス「Sigfox Monarch」認証を取得済みで、低消費電力かつ長距離無線通信を可能とするソリューションを発表した。(2018/11/14)

ポケモンGO対抗か ドワンゴが位置情報ゲーム「テクテクテクテク」 ゴジラやエヴァの使徒出現
ドワンゴが位置情報を活用したスマートフォンゲーム「テクテクテクテク」を提供。映画「シン・ゴジラ」などとコラボする。(2018/11/9)

巨大ポプ子が竹書房の前にそびえ立つ ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」11月29日配信
プロモーションムービーには小林幸子さんと大原優乃さん本人も。(2018/11/9)

全世界の住所を3つの単語に置き換えた「what3words」、ソニーのファンドから資金調達
3つの単語でピンポイントで場所を伝える位置情報技術を開発したイギリスのベンチャー企業what3wordsが「Sony Innovation Fund」から資金調達を実施する。(2018/11/7)

画像圧縮技術も発表:
Imagination、低消費電力の位置情報向けIPコアを発表
Imagination Technologies(以下、Imagination)は、2018年10月31日から11月1日まで米国カリフォルニア州のシリコンバレーで開催された「Linley Fall Conference」で、2種類の新型IP(Intellectual Property)コアを発表した。(2018/11/7)

JapanTaxi、広告目的での位置情報利用を停止 「説明が不十分だった」
JapanTaxiが配車アプリで乗客の位置情報を広告配信のために取得・利用することを停止した。ネット上でユーザーへの説明や同意を得るプロセスが不十分といった指摘が相次いでいた。(2018/11/1)

ポケモンGOならぬ「イエスキリストGO!」登場 ローマ法王も祝福
「Pokemon GO」のような位置情報ゲーム「Follow JC Go!」を、カトリック教徒の団体・ラモンペイン財団がリリースし、話題になっている。ポケモンではなく、キリスト教の聖人を探すゲームだ。(2018/10/26)

「誤った位置情報で事故に」 船舶や鉄道にも脆弱性のリスク
クルマの他、船舶、鉄道などの「乗り物」もまた「Connected」であり、リスクにさらされています。中にはメーカーが脆弱性を修正していなかったり、セキュリティがあまり考慮されていなかったりするケースも。(2018/10/19)

東京23区で41万人の通勤減少――位置情報ビッグデータの活用で「テレワーク・デイズ2018」の効果を測定
KDDIとコロプラは、「テレワーク・デイズ2018」の効果測定を実施。位置情報ビッグデータを活用した動態分析により、期間中、丸の内、豊洲、品川を中心に、東京23区合計で約41万人の通勤者が減少したことが分かった。(2018/10/15)

Facebook、9月発覚の攻撃で1400万人の電話番号や勤務先などがアクセスされたと発表
Facebookが9月に5000万人のアクセストークンが盗まれたと発表した件について情報を更新した。被害に遭ったユーザー数は3000万人に下方修正。そのうち1400万人は電話番号やメールアドレスだけでなく、プロフィールに記載した居住地、電話番号、勤務先、チェックインの位置情報にもアクセスされていた。(2018/10/14)

プッシュ配信とユーザー状態のクロス指標を実装:
8700万ユーザーのO2Oソリューション「popinfo」が新レポーティング機能を提供開始
アイリッジは、スマートフォン向け位置情報連動型O2Oソリューション「popinfo」の新レポーティング機能を提供開始した。(2018/9/20)

IoT体調管理:
位置情報×動画の労務管理にリスバンド生体センサー「MEDiTAG」が連携、凸版印刷が提案する建設現場の体調管理
凸版印刷は、建設や製造現場の労務状況を分析できる「ID-Watchy(アイディーウォッチー)」に、リストバンドタイプの生体センサーを連携させた「ID-Watchy Bio(アイディーウォッチーバイオ)」を開発した。これまでのID-Watchyの位置情報と映像に加え、生体データを取得することで、現場の健康管理も行えるようになる。ID-Watchy Bioは2018年内をめどに製品化を目指す。(2018/9/13)

Samsung、LTE-M採用のトラッカー「SmartThings Tracker」を100ドルで発売
Samsungが、LTE-M採用の小型トラッキング端末を米国で発売する。価格は99.99ドル。ペットの首輪や子どものリュックに付けることで、リアルタイムの位置情報を確認できる。(2018/9/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。