ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モータースポーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!モータースポーツ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でモータースポーツ関連の質問をチェック

関連キーワード

自動車業界の1週間を振り返る:
新型ランクルとソフトウェアファーストなGRヤリス、愛されるクルマづくりは全方位
さて、今週も自動車に関してさまざまな出来事がありました。なんといっても、まずは“ランクル”のフルモデルチェンジです。(2021/6/12)

マギー、体型ぴったりの特注レーシングスーツ姿に「脚長っ!!」「美しい上に速そう」の声
コスプレじゃなくて、ガチなんです。(2021/6/9)

JAF、オンラインで「国内Bライセンス」を取れる講習会実施
おぉぉ〜自宅で好きな時間にPCかスマホで受講すればOKに!(2021/6/9)

モビリティサービス:
ソフト更新で走行性能の向上や個人に合わせたチューニング、トヨタがKINTOで
トヨタ自動車は2021年6月7日、サブスクリプションサービスの「KINTO」に、ソフトウェア更新で走行性能をアップデートする車両を新たに追加すると発表した。(2021/6/8)

「EOS R3」は手ブレ補正8段、RAW撮影でも毎秒約30コマに キヤノンが追加情報
キヤノンは開発中のミラーレスカメラ「EOS R3」について「手ブレ補正効果が最高8段」「RAW撮影でも毎秒約30コマ撮影」といった仕様の一部を明らかにした。(2021/6/2)

教育、ゲーミング、コンテンツ作成の裾野を広げる――「インテル PC FES 2021」開幕
PCを使った教育、ゲーミングやクリエイション(写真/動画編集や3D CG作成)を普及させるべく、インテルがオンラインイベントを開催している。PCメーカーを始めとするパートナー企業の協力のもと、さまざまなコンテンツを配信する。(2021/5/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
人間らしく会話を続けるGoogleのLaMDA、自動車で使える日が待ち遠しい
土曜日です。1週間、お疲れさまでした。じめじめした憂鬱な天気が続きますね。ここ数年は大雨に関連した災害のニュースが目立ちます。何事もなく雨の季節が終わるのが一番ですが、何事もないことを祈るばかりでは仕方ありませんので、少しでも備えておきたいですね。(2021/5/22)

モータースポーツ超入門(6):
F1以上のコーナリング性能のシャシーも生まれた「スーパーフォーミュラ」
スーパーフォーミュラ(SF)は国内最高峰のフォーミュラレースだ。世界の頂点にはF1(フォーミュラ・ワン)があり、欧州で開催される下位クラスのF2とともに、F1にステップアップするための登竜門カテゴリーとして世界中から注目を集めている。過去にはF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハ氏やインディ500ウイナーの佐藤琢磨氏、現在、F1のアルファタウリ・ホンダに所属するピエール・ガスリー氏も2017年に参戦している。(2021/5/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
再度注目を集める内燃機関 バイオ燃料とe-fuel
ホンの少し前まで、「内燃機関終了」とか「これからはEVの時代」という声しか聞こえなかった。ところがこの1、2カ月の間に「カーボンニュートラル燃料」の存在がにわかにクローズアップされ始めている。(2021/5/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
内燃機関から撤退? そんな説明でいいのかホンダ
ホンダは新目標を大きく2つに絞った。一つは「ホンダの二輪・四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」であり、もう一つは「全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラル」。そして何より素晴らしいのは、その年限を2050年と明確に定めたことだ。ホンダは得意の2モーターHVである「e:HEV」を含め、全ての内燃機関から完全卒業し、EVとFCV以外を生産しない、世界で最も環境適応の進んだ会社へと意思を持って進もうとしている。(2021/5/3)

「Super GT」車両モチーフでスポーティーに ラブライブ! ニジガク・上原歩夢のトヨタ86がカッコカワイイ
侑ちゃんとの幼馴染併せが実現!(2021/5/2)

エコカー技術:
トヨタが水素エンジンをスーパー耐久シリーズに提供、2021年5月から走る
トヨタ自動車は2021年4月22日、水素エンジンを開発すると発表した。圧縮気体水素を燃料として使用する排気量1.6l(リットル)の直列3気筒インタークーラーターボエンジンをレーシングチーム「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両向けに投入する。(2021/4/23)

トヨタが「水素エンジン」開発へ 24時間耐久レースに参戦
トヨタ自動車は4月22日、「水素エンジン」の技術開発に取り組むと発表した。(2021/4/23)

トヨタ、クルマで利用するサービスを集めた「モビリティマーケット」開始 車中泊、モータースポーツ体験など各社と連携
「出張ペーパードライバー講習」などもありますよ。(2021/4/13)

SUBARUとの共同開発:
トヨタ、新型GR 86世界初披露 9年ぶりのモデルチェンジで今秋にも発売
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は4月5日、SUBARUとのオンライン合同イベントで新型「GR 86」を世界初披露した。(2021/4/6)

「ヨタハチ」の雄志が蘇る 谷口信輝がレストアした「トヨタ・スポーツ800」のテスト走行を披露
各パーツにはチューニングパーツの使われた特別仕様です。(2021/4/5)

キター!! トヨタ、「86」をフルモデルチェンジ、車名は「GR 86」に 今回もスバルと共同開発「究極のFRピュアスポーツ」追求
SUBARU「BRZ」も気になる……!!(2021/4/5)

自動車業界の1週間を振り返る:
素材メーカーが指摘する「ナイロン不足で慌てない会社」の特徴
土曜日です。1週間、おつかれさまでした。週末でものびのびするどころではないという人もいらっしゃるかもしれません。年初から車載半導体の供給不足、航空便や船便といった物流網の逼迫(ひっぱく)、2月の米国テキサス州での大寒波の影響を受けた素材メーカーのフォース・マジュール宣言といったイレギュラーな出来事が続いていました。(2021/3/27)

モータースポーツ超入門(5):
GRスープラやNSX、GT-Rが競うスーパーGT、共通化と競争領域を使い分け
最高峰のGTレースにして、世界でも類を見ないコンペティティブな環境が整うレースカテゴリーが日本に存在する。それがスーパーGTだ。上位クラスのGT500ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が三つどもえの戦いを展開し、下位のGT300ではポルシェやランボルギーニ、フェラーリといった世界の名だたるスーパースポーツカーが参戦する。(2021/3/23)

3Dプリンタニュース:
3DプリンタでR32型スカイラインGT-R用の補修部品を復刻生産
SOLIZEと日本HPは、日産自動車の生産終了となったヘリテージ車両の補修部品の共同開発とオンデマンドによる製造を開始する。3Dプリンティング技術「HP Multi Jet Fusionプラットフォーム」を用いて、R32型スカイラインGT-Rのハーネス用プロテクター(樹脂部品)を3Dプリンタで生産可能にした。(2021/3/17)

ガチの競技車両みたいなレーシーデザイン ゆずソフト「サノバウィッチ」綾地寧々×MR-Sの痛車がキュートでクール
人気の「ゆずソフト」痛車です(2021/3/11)

ウオーターフォール開発では実現不可能:
PR:デジタル活用でセキュリティの「シフトレフト」が重要になる理由
コロナ禍で企業の顧客接点業務が危機的状況になる中、デジタル活用の機運が高まっている。業務システムのWebアプリケーション化などにおいて、スピーディーかつ安定的に開発を進めるためのポイントはどこにあるのか。(2021/3/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「DS3 クロスバック E-TENSE」 100年に渡る物語が導いたEV
本稿は、米欧2地域にまたがる世界第6位の自動車メーカーが誕生するのに至った歴史的背景の興味深さをひも解くと同時に、この度日本への上陸を果たしたPSAのフラッグシップブランド「DS」のEV、DS3クロスバック「E-TENSE」の立ち位置を解説しようという目論見で書かれている。E-TENSEEにはリアルな未来の先取りを感じるのである。(2021/2/22)

マギー、初のゴルフ場でミニスカゴルフウェアを披露 「足長っ!! 顔小さっ!!」「異次元なスタイル」と反響を呼ぶ
さすがモデル。(2021/2/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
単なる下請けと組んでも「アップルらしいクルマ」は作れないのでは
おはようございます。土曜日です。1週間、お疲れ様でした。今週は月曜から花粉が飛び始めたような気がします。憂鬱な季節のスタートです。(2021/2/6)

インストバンド「T-SQUARE」から安藤正容が引退 「とうとうその日が来たのね」「安藤さんこそがT‐Square」と衝撃広まる
加齢を理由に「自分が足を引っ張るような形になるのは避けなければいけない」。(2021/2/1)

モータースポーツ超入門(4):
都市型モータースポーツ「フォーミュラE」、アウディBMWの撤退から見える転換点とは
自動車産業が直面する電動化のうねりはモータースポーツにも押し寄せている。F1は運動エネルギーと排気エネルギーを回収するエネルギー回生システム「ERS(Energy Recovery System」を搭載、世界耐久選手権(WEC)の最上位クラスではハイブリッドシステムを採用する。レーシングカーの電動化も市販車と同様に確実に進んでいる状況だ。(2021/2/1)

モビリティサービス:
トヨタはクルマだけでなく「移動の喜び」も含めて提供、モビリティマーケットで
トヨタ自動車は2021年1月20日、オンラインで記者説明会を開き、モビリティサービスを提供する日本国内向けのオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット」を2021年4月から開始すると発表した。(2021/1/21)

マギー、自宅にレーシングシミュレーター導入で驚きの声 2020年には国内Aライセンス取得の“ガチ勢”ぶり
マギーさん「たくさん学んで自分が辿り着けるところまで極めたい」。(2021/1/13)

ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
お世話にならないよう気をつけなきゃ。(2021/1/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ビンテージイヤーに乗った特筆すべきクルマ(前編)
さて、筆者は2020年は日本車のビンテージイヤーであると主張しているが、まずはその前編。2020年を代表するクルマとして、トヨタ・ヤリスの3兄弟である、ヤリス、ヤリスクロス、GRヤリスを取り上げる。(2020/12/14)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】標準コントローラーでは操作が難しかった? 「DRIVING EMOTION TYPE-S」
「ネジコン」を使うと遊びやすかったとか。(2020/12/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
「2030年代半ばに新車全て電動車」と聞き、前回の東京モーターショーを思い出す
みなさんこんにちは。金曜日です。1週間おつかれさまでした。12月の金曜日は、あと3回しかありません……。長いような短いような、いろいろあったような、何もなかったような、不思議な1年でしたね。この言い方だと2020年を思い返すべきところですが、私が思い出しているのは2019年の東京モーターショーです。(2020/12/4)

モータースポーツ超入門(3):
ディーゼル、ダウンサイジングターボ、HV……パワートレインのトレンドを映すWEC
F1、世界ラリー選手権(WRC)とともに国際自動車連盟(FIA)が統括する世界選手権が、世界耐久選手権(WEC)だ。フランスで毎年行われる「ル・マン24時間耐久レース」(以下、ル・マン)」を含むレースカテゴリーで、2020年9月に開催された今年のル・マンでは、トヨタ自動車が3年連続の総合優勝を果たしている。(2020/12/4)

電気自動車:
ダカールラリーも電動車の舞台に、アウディが電動パワートレインで参戦
アウディは2020年11月30日、2022年からダカールラリーにファクトリーチームとして参戦すると発表した。(2020/12/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
GRヤリス 一番速いヤツと一番遅いヤツ
GRヤリスの試乗会は今回が3度目である。そして年の瀬の足音が近づいてきた今頃になって、ようやく公道試乗会に至ったわけである。多分GRヤリスが欲しいという大抵の人には、RZ“High performance”がお勧めということになるだろう。こういうクルマは、買ってから後悔するくらいなら全部載せが無難だ。(2020/11/23)

Garmin、スマートウォッチ「MARQ 2020 Holiday Limited Kit」を数量限定発売 21万円〜
ガーミンジャパンは、11月20日に「MARQ 2020 Holiday Limited Kit」を数量限定で発売。5種類のGPSウォッチ「MARQ」と新作カラーシリコンストラップなどをセットにし、各モデルを50セット提供する。(2020/11/20)

ボンネットから火柱が噴きあがる!? 米スバル、フーニガン「ジムカーナ」次回作に登場する新マシン「WRX STI」公開
「ジムカーナ」専用に作られた刺激的なマシン。(2020/11/10)

自動車業界の1週間を振り返る:
10年後、20年後、30年後、私たちはどうやって移動しているのか
みなさんこんにちは。金曜日です。今週は火曜日に文化の日があり、一般的なカレンダーでは祝日でした。会社(あるいは業界)のカレンダーの都合で稼働日だった方、月曜日も休んで4連休を満喫された方、1日だけ休んだ方、どの過ごし方が多かったのでしょうか。今週の一番の出来事といえば、米国大統領選挙ですね。(2020/11/6)

モータースポーツ超入門(2):
F1にこだわり続けたホンダ、なぜ参戦終了を決めたのか
ホンダの参戦終了は世界中のファンはもとより、F1関係者にも大きなショックを与えた。ただ、ホンダの経営判断を理解するには、自動車産業を取り巻く環境変化や、F1そのものの在り方についても配慮しなければならないのではないか。(2020/11/6)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
100分の1秒が勝敗を分けるF1レースで、勝利を支えるインフラストラクチャとは
英国を拠点に、高性能なレーシングカーを設計・製造するアストンマーティン・レッドブル・レーシング。100分の1秒が勝敗を分けるというF1レースで勝ち続けるために、同社が選んだインフラストラクチャの実力に迫る。(2021/4/28)

モータースポーツ:
ホンダが2021年シーズンでF1撤退、カーボンフリー技術への集中が背景に
ホンダは2020年10月2日、フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を2021年シーズンで終了すると発表した。ホンダは2015年からF1に参戦。Red Bull Racing(レッドブル・レーシング)やScuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)とのパートナーシップの下、2019年シーズンは3勝、2020年シーズンも第10戦までに2勝を挙げるなど活躍してきた。(2020/10/3)

ホンダ、F1撤退へ 「研究開発に経営資源を重点的に投入するため」
ホンダがF1への参戦を2021年シーズンで終了する。F1撤退の理由は「パワーユニットやエネルギー領域の研究開発に経営資源を重点的に投入していくため」としている。(2020/10/2)

モータースポーツ超入門(1):
モータースポーツの見どころは順位だけではない! 「走る実験室」で磨かれる技術
順位を競うだけではないのがモータースポーツの世界だ。技術競争の場でもあるからこそ、人やモノ、金が集まり、自動車技術が進化する。知られているようで知らないモータースポーツでの技術開発競争について、レースカテゴリーや部品ごとに紹介していく。1回目はF1(フォーミュラ・ワン)を取り上げる。(2020/10/2)

スマートウォッチ「wena 3」登場 SuicaとAlexa対応、バックルに機能を集約
ソニーが、スマートウォッチ「wena」シリーズの最新モデル「wena 3」を11月27日に発売する。第3世代のWena 3では腕時計のバックル部分にスマートウォッチの機能を集約。SuicaやAlexaにも対応。時計メーカーとのコラボも進めていく。(2020/10/1)

電気自動車:
日産が災害復旧に特化したEVコンセプト、悪路走破や非常時の活動に対応
日産自動車は2020年9月29日、停電など災害復旧支援を目的とした電気自動車(EV)のコンセプトカー「RE-LEAF」を欧州で発表した。(2020/9/30)

車両デザイン:
2021年開催の空飛ぶクルマレースはセキュリティ重視、アクロニスがサポート
アクロニス(Acronis)は2020年9月8日、“空飛ぶクルマ”のレース「Airspeeder」と提携したと発表した。参戦車両のデータセキュリティ向けにソリューションを提供する。(2020/9/23)

らき☆すた、鬼滅の刃、初音ミクなど 埼玉・行田市に痛車30台が集結、コスプレ&痛車イベント「コスプラ」に行ってきたよ
「鬼滅の刃」鬼の痛車に「サイバーフォーミュラ」仕様の痛単車も(2020/9/20)

こ、これがボルボー!? 「ボルボ P1800 シアン」登場、1960年代の名車が現代技術で衝撃の復活
かっこよすぎる……! 「ただ者じゃない」感ハンパないです。(2020/9/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
シトロエン・ベルランゴ 商用車派生ミニバンの世界
商用車と商用車ベースのクルマにはまた独特の良さがあって、筆者もそういう世界は聞きかじり程度に知っている。こんな世界にこの8月、ニューカマーとして日本市場にやってきたのがこのシトロエン・ベルランゴである。いろいろ覚悟ができる人にとって、ノア/ボクシーを避けつつ、家族をもてなすクルマという意味での存在価値はそれなりに高い。さらにいえば、運転することの楽しさも放棄しないで済む。(2020/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。