ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「看護師」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!看護師→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で看護師関連の質問をチェック

となりの病室から毎晩物音が聞こえる…… 看護師も恐れる「奇妙な空き部屋」、入院中の怪奇体験を描いた漫画
出産のため入院した病院には、怪奇現象が起こる空き部屋があり……。(2021/7/18)

3Dプリンタニュース:
ワクチン接種の「打ち手不足」解消に貢献、3Dプリンタ製筋肉注射練習モデル公開
慶應義塾大学SFC研究所は、同大学 看護医療学部 准教授の宮川祥子氏が推進するプロジェクトが、3Dプリンタ製筋肉注射練習モデルの設計データおよび作成/使用方法に関する説明書を特設Webサイトに公開したことを発表した。ワクチン接種の打ち手不足解消に向け潜在看護師の実技練習環境の整備を支援する。(2021/7/13)

NEC、本社など4カ所で社員1万人にワクチン優先接種へ 政府の“職域接種”に協力
NECはグループ社員や協力会社の一部の社員、計1万人を対象に新型コロナワクチンを優先的に接種すると発表した。本社(東京都港区)や関西支社(大阪市中央区)、玉川事業場(神奈川県川崎市)、府中事業場(東京都府中市)の会議室などで、常駐する産業医や看護師が社員に接種する。(2021/6/4)

コロナ感染の不安:
沖縄の1病院で看護師77人が大量退職 医療崩壊を危ぶむ
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、沖縄県内の医療機関で一般診療への影響が出ている。(2021/4/21)

3.11、病院で被災したナースの実録漫画が過酷な状況伝える 「ここでは医療者も患者も一緒に震災を戦う仲間でした」
岩手の勤務先で被災した看護師の体験を漫画化。(2021/3/11)

武道の達人(82歳)が人生の最期に“サイをブン投げる夢”を叶える漫画に「これは新しい」「連載してほしい!」
看護師のトキちゃんも良いキャラ(表情)してる。(2021/3/10)

医療現場の業務量増減の可能性を検証:
新型コロナ患者の罹患状況や看護師の業務量をAIで予測 東京医科歯科大学と富士通が共同研究を開始
東京医科歯科大学と富士通は、新型コロナウイルス感染症に向けたAIの有効性を検証する。胸部X線写真から罹患状況を判定するAIや、診療情報に基づいて重症化を予測するAI、治療に伴う看護師の業務量を予測するAIの3種類を用いる。(2021/2/3)

富士通、AIで看護師の業務量を予測する研究スタート 新型コロナ重症化リスクを判別
富士通と東京医科歯科大学が、新型コロナウイルス感染症の対応にあたる看護師の業務量をAIで予測する研究を始めた。(2021/2/2)

看護部長・師長向けVR研修、NTTコムが提供 上司・部下の面談を疑似体験 接し方を学ぶ
NTTコミュニケーションズと関東学院大学が、看護部長・看護師長向けのVR研修コンテンツを提供すると発表した。部下である看護師との効果的なコミュニケーション方法をレクチャーする。(2021/1/21)

「このままお別れなんて」患者に会いたい家族の願い、どうする? コロナ病棟の看護師の葛藤を描いた漫画に考えさせられる
できるだけ早く日常が戻ってきてほしい。(2021/1/15)

働きに見合った報酬を:
総額1億円 東京の美容クリニックがコロナ対応の看護師500人に支援金提供
美容内科のにしたんクリニックは1月6日、新型コロナウイルスの治療現場で働く看護師500人を対象に1人当たり20万円の支援金を提供すると発表した。(2021/1/7)

クリスマスイブの夜勤で体験した“サンタのお手伝い” 看護師の実録漫画に「感動」「ありがとう」
入院中の子どもたちが幸せに過ごせますように……!(2020/12/25)

製品動向:
病棟間におけるナースコールシステムの連携を実現するソフト、大成建設
大成建設は、複数の病棟に設置された各ナースコールシステムを連携するソフト「T-Flex Nursecall」を開発した。今後、大成建設はベッド稼働率の向上に役立つ「ナースコールシステム連携ソフト」として、新築病院や既存病院のリニューアル工事に適用し、普及を図っていく。(2020/12/18)

1台のiPadを複数看護師で共有 愛媛の病院がMDM「Jamf Pro」を採用 
複数名によるiPadの共有にいち早く対応したMDMを採用した。(2020/11/3)

こんな無敵な方法があったのかぁぁぁ 看護師さんの「シンカンセンスゴイカタイアイス」攻略法がすごい
特権かな。(2020/10/21)

「私が辞めるか、古株が辞めるかです」介護の現場に転職して2か月、“正看護師のプライド”を振りかざす相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
看護師として雇われたわけではないのである……!(2020/10/19)

「血管が細い人にありがちなこと」漫画に「分かる!」の声 「両腕ボコボコ」「看護師さんが入れ替わり続け最後はラスボス登場」
お互い謝っちゃって気まずい。(2020/9/13)

専門家のイロメガネ:
東京女子医大で起きた看護師400人の退職危機は「コロナ不況」の先取りである
東京女子医大で看護師400人が一斉退職希望という異例の事態が起こった。6月に病院側が突きつけたボーナス全額カットが、その要因だとされている。しかし大量退職危機は、決して「ボーナスゼロ」だけが原因ではない。(2020/8/17)

冬も厳しい声:
看護師の夏のボーナスは? 「減った」19.8%
新型コロナ感染拡大を受けて、「医療機関の経営は厳しくなっている」といった声が出ているが、看護師のボーナスにどのような影響が出ているのだろうか。全国の看護師に聞いたところ……。(2020/7/27)

医師、看護師の6割超「現状の電子カルテシステムに課題感」 医療システムへのニーズ調査
医薬品情報データベースの開発・研究および販売を手掛けるデータインデックスは、国内の医師および看護師1654人を対象に「医療システムへのニーズ調査」を実施した。その結果、現状の電子カルテシステムに対するさまざまな課題が判明した。(2020/7/10)

都の「健康管理アプリ」日本MSが技術協力 「わずか数日で」開発 GitHubでテンプレ公開
新型コロナ軽症者が療養する都の施設で、患者が毎日の体調を看護師などに報告する「健康管理アプリケーション」の開発に、日本マイクロソフトが技術協力した。(2020/6/24)

連日車中泊、家族からも偏見……コロナ禍の看護師たちの生活を描いた漫画が壮絶 「こんなことになってるなんて」
フィクションながら、取材を元に描かれています。(2020/6/24)

5月12日は「国際看護師の日」 フローレンス・ナイチンゲール生誕200年
病気やけがを直すために医療だけでは補えないもの、看護の大切さを自らの体験と知恵で証明した。(2020/5/12)

「でも今は逃げられないんです」 現役看護師に聞いた新型コロナ対応の最前線、その苦しい現状
看護師のAさんからお話を聞きました。(2020/4/24)

BAS:
住友電設がナースコールや内線をスマホで受け取れる病院向けシステムを開発
住友電設は、ナースコールソリューション「スマートフォンゲートウェイ」を活用した病院向けシステムの開発を進めている。(2020/2/11)

モビリティサービス:
通院や往診が難しい地域に「医療MaaS」でオンライン診療、フィリップスとMONET
フィリップス・ジャパンは2019年11月26日、長野県伊那市において、同年12月から医療MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の実証事業を行うと発表した。看護師と各種医療機器を乗せた「ヘルスケアモビリティ」が患者宅を訪問し、医師が遠隔からオンラインで診療できるようにする。実証事業の期間は2021年3月末までで、フィリップス・ジャパンは伊那市やMONET Technologiesと協力して取り組む。(2019/11/27)

プレミアムコンテンツ:
医師や看護師の「燃え尽き症候群」を減らす、医療ITベンダーの挑戦
米国の医療業界では「電子カルテ疲れ」が医療従事者の燃え尽き症候群の原因になっていると考えられている。医療ITベンダーは、簡便で使いやすいUIの開発や仮想アシスタント技術の活用によって、この問題の解決を目指している。(2019/8/9)

「看護師が私の生きがい」 がんになっても働き続けた看護師を描く漫画に「涙があふれました」
看護師として働いている人からも反響が。(2019/7/29)

13話直後考察「あなたの番です反撃編」 看護師・桜木るり(筧美和子)は何者か? 14話“花火の夜の犠牲者”は誰なのか推理
田中圭「その話はたぶん恋だね」。(2019/7/15)

年間1500億ドルのコスト削減に期待
「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野
医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。(2019/5/17)

医療現場のインフラは次の時代へ
病院内コミュニケーションを劇的に変えるスマートデバイス導入法とは
質の高い医療を安定的に提供するには患者とのコミュニケーションやスタッフ同士の連携が肝になる。医療に特化したスマートデバイス技術を使えば、ナースコールの利便性を高め、院内システムと連携して診療の精度を向上させられる。(2019/6/28)

年収高そう? 看護師の実際の平均年収、イメージとギャップ
「過酷な労働実態に見合った待遇改善を」。(2019/4/19)

水10「白衣の戦士!」にネット大荒れ 「ナースのお仕事」的王道コメディーテイストは吉とでるのか心配している
あまりにも「ナースのお仕事」。今にも「あ〜さ〜く〜ら〜!」が聞こえてきそう。(2019/4/17)

看護師さん「音楽でもかけましょうか?」 手術中にかかった音楽がある意味で奇跡的な選曲だった話
こんなことがあるのか……!(2019/3/19)

第4子出産の辻希美、産後の悩み告白 後陣痛でナースコール、母乳も全く出ず……
それでも「とにかく諦めず!! 頑張ります!!」と宣言しています。(2018/12/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
医師の命は軽い? 過労自殺を生み続ける“加害者”の正体
「過労死」「過労自殺」は何度も問題になっているが、2018年版「過労死白書」では働く人たちの苦悩が続いている現状が浮き彫りになった。過労自殺は長時間労働だけが問題なのではない。教職員や医師・看護師の働き方の分析から、私たちが考えるべきこととは?(2018/11/9)

「王道とはこゆことや」 藤田ニコル、ナースのコスプレでファンを“キュン死”に導く
先生、ベッドが足りません!(2018/10/28)

研究段階だが実用化は遠くない
米病院に「バーチャルナース」登場、再入院率低下や看護師の燃え尽き症候群に貢献
Boston Medical Centerでは、30日以内の再入院率低下を目指し、退院後の患者支援をする「バーチャル看護師」を試験運用している。このソフトウェアは、患者だけでなく人間の看護師にもメリットがあるという。(2018/10/26)

先輩看護師が教えてくれた「夜勤中に絶対に言ってはいけない言葉」が怖い 「ホントにこれ」「今晩夜勤だから気をつけよう」
けっこうな“看護師あるある”なのだそうです。(2018/9/29)

あ〜さ〜く〜ら〜! 観月ありさ&松下由樹の「ナースのお仕事」ショットにファン歓喜 ドラマ復活を期待する声も
とにかく懐かしい!(2018/8/29)

「もう二度とないかもしれない」 菜々緒、ナース服姿に絶賛の声あがるも“後悔”にじませる
患者が続出するな。(2018/8/17)

ウサ耳×ナース服!? かわいさの三重奏みたいなスクール水着がヴィレヴァン通販に登場
ホワイトとブラック、どっちにする?(2018/8/1)

現役ナースが警察官の制服に着替えたら 桃月なしこ、地元愛知で初の一日署長
ポリスなしこ。(2018/7/17)

親に「子どもに就かせたい仕事」も聞いた:
子どもが「将来就きたい仕事」、エンジニアや看護師が人気 1位は……?
小学校を卒業した子どもが、将来就きたいと考えている仕事は?――クラレ調べ。(2018/7/2)

「彼氏はヒモ!」 川口春奈、“養ってくれるナース”姿がダメ男を量産してしまう
本物の天使。(2018/6/28)

いくらでも治療費払いたい! 土屋太鳳、“女版ブラック・ジャック”なナース姿にファンメロメロ
点滴1回で100万くらい取られそう。(2018/5/12)

現役ナースがセーラー服に着替えたら 桃月なしこ、『天空侵犯』コスプレで銃の似合う女子高生になる
『天空侵犯』最新16巻の電子限定版に付属する、32ページのコスプレフォトブックに掲載。(2018/4/9)

有名漫画家らによるメンソレータム「リトルナース」が新宿駅に掲出中 → いらすとやの作品がひときわ目を引くと話題に
このパッケージのリップ欲しい。(2017/11/9)

猫にドールに、ゾンビナース! ぺこ&りゅうちぇるのハロウィーンコーデ総集編が怖カワ!
今年は何に仮装するんだろう。(2017/10/23)

ハロウィーンの仮装にいかが? かわいくてセクシーなインナーセット ピーチ・ジョンから登場
ナースやメイド、アーミーなど。(2017/10/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。