ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電源」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電源」に関する情報が集まったページです。

「スマブラ」の桜井政博さんがオーダーメイドしたゲーム機専用の棚が話題 多彩なハードをスマートに格納した「理想の環境」
排熱用の穴やハード別の電源管理など、いろいろと考えられた設計はさすが。(2022/8/18)

ポータブル電源で動かせる石油ファンヒーター、コロナが発売 停電やアウトドア想定
コロナは18日、定格出力200W以上のポータブル電源で動かせるように設計した石油ファンヒーターを発表した。価格は2万4800円。(2022/8/18)

アンカー、長寿命かつ持ち運びやすい32万mAhのポータブル電源発売 約15万円
アンカー・ジャパンは、8月18日にポータブル電源「Anker 555 Portable Power Station(PowerHouse 1024Wh)」を発売。容量は32万mAh/1024Whで、多様なポートで最大12台の機器を同時充電できる。(2022/8/18)

5台のスマホを同時充電 LEDランタン付きポータブル電源がエレコムから発売
エレコムは、8月下旬に容量54600mAhで5台同時充電可能なLEDランタン付きポータブル電源を発売。また、最大75W出力でハンドル付き3折りタイプのモバイルソーラー充電器も販売開始する。(2022/8/17)

知らないと損?業界最前線:
大ヒットの「ネッククーラー」、技術進化で冷却方式もさまざま、節電にも
35℃を超す酷暑日が続くなか、モバイルタイプの「清涼家電」が大人気だ。2018年にヒットした「ハンディファン」に続き、いま注目を集めるのが、首筋などを効率的に冷やす「ネッククーラー」。モバイルバッテリーなどの電源を使うタイプのほか、特殊素材により電源不要で利用できるタイプもある。(2022/8/11)

「業界平均の6倍の長寿命」 EcoFlow、リン酸鉄リチウムイオンのポータブル電源「DELTA 2」発表
EcoFlow Technology Japanは10日、長寿命が特徴のポータブル電源「DELTA 2」を発表した。容量は1024Whで価格は14万3000円。(2022/8/10)

最近のノートPCは「電源設定」がパフォーマンスに影響する? ThinkPad X1 Carbon Gen 10で確かめてみた
先日、レノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon Gen 10」をレビューした際に、ベンチマークテストの一部スコアが思ったほど出なかった。「もしかして、電源設定のせいか?」と思った筆者は、電源設定を変えてテストを実施してみることにした。(2022/8/9)

組み込み開発ニュース:
DXに貢献する次世代産業用通信ネットワークや最先端電源製品など出展
アナログ・デバイセズは「TECHNO-FRONTIER 2022」(2022年7月20〜22日、東京ビッグサイト)に初めて出展し、「次世代の産業用通信ネットワーク」「DXを支える最先端電源」などをテーマに関連製品群を紹介した。(2022/8/4)

CAN FDコントローラを内蔵:
ルネサス、5V電源対応の32ビットマイコンを発売
ルネサスエレクトロニクスは、家電製品や産業機器に向けて、5V電源に対応した32ビットマイコン「RX660」の量産出荷を始めた。高速で大容量通信を可能にする「CAN FDコントローラ」も内蔵した。(2022/8/4)

GaNパワー半導体入門(2):
GaN FETの特性
省エネ化/低炭素社会のキーデバイスとして、化合物半導体であるGaN(窒化ガリウム)を用いたパワー半導体が注目を集めている。本連載では、次世代パワー半導体とも称されるGaNパワー半導体に関する基礎知識から、各電源トポロジーにおけるシリコンパワー半導体との比較まで徹底解説していく。第2回である今回は、GaN FETの特徴であるスイッチングスピードに関して、他の素子と比較しながら解説する。(2022/8/10)

リチウムイオンバッテリー式UPSの実力は?
山一ハガネの「オンプレミス回帰」戦略を支える“軽量・長寿命”UPSとは?
特殊鋼を中心に扱う山一ハガネは、自社システムの「オンプレミス回帰」を選択した。オンプレミスシステムに不可欠な「命綱」である電源保護にはUPSが必須だ。リチウムイオンバッテリー搭載型UPSの使い勝手について担当者に聞いた。(2022/8/5)

第4回 建設・測量生産性向上展:
電源を入れるだけ、遠隔で新人教育が可能なスマートグラス「SynchroAZ」
シンクロアイズが開発したメガネ型の遠隔支援システム「SynchroAZ」を装着して現場に入場すると、現場作業員の見ている映像が、そのまま外部のPCから見られるようになる。また、装着した人に対して、外部から映像や音声での指示もできるため、新人への作業指示や手順確認など、人材育成でも活用が見いだせる。(2022/8/2)

Androidスマホのカメラを即座に起動する3つの方法
Android端末でも、iPhoneシリーズのようにカメラを素早く起動する方法がいくつかある。電源キーを使ったり、一部の対応端末ではロック画面や指紋センサーを使ってカメラを起動でき、素早い撮影に一役買ってくれる。(2022/7/31)

小型フラグシップ「Zenfone 9」発表、片手操作がはかどるUIやジンバル内蔵カメラを搭載 約11万円〜
ASUSが7月28日、フラグシップスマートフォンの新モデル「Zenfone 9」をグローバルで発表した。幅68.1mmのコンパクトなボディーに5.9型ディスプレイを搭載。側面の電源キー一体型の指紋センサーは、ショートカットキーとしても活用できる。(2022/7/28)

自然エネルギー:
「マイクロ水力発電」で浄水場を再エネ電源に、落差34.7メートルで67世帯分を発電
新潟県上越市にある「柿崎川浄水場」で、小さな水車を使う「マイクロ水力発電」を活用した発電事業がスタート。事業主体はダイキン工業の子会社でマイクロ水力発電システムを全国展開しているDK-Powerだ。(2022/7/26)

崇城大学准教授 西嶋仁浩氏インタビュー:
PR:テスラ「Model3」の車載充電器を丸裸に、損失解析が可能な電源シミュレーターを活用
カーボンニュートラルの実現に向けて注目度ががぜん高まる電源技術。その研究/教育の最前線で活躍するのが崇城大学准教授の西嶋仁浩氏だ。同氏はスマートエナジー研究所の電源シミュレーター「SCALE/Scideam」を使い、米Teslaが販売する電気自動車「Model3」の車載充電器を分解、解析した。SCALE/Scideamは損失解析機能を持つ。このため、極めて詳細な解析が可能になった。今回は同氏に、解析で明らかになったことや、今後SCALE/Scideamを使って取り組む研究の方向性などについて聞いた。(2022/7/26)

アウトドア需要に対応:
ドンキ、電源不要で持ち運べるビールサーバを発売 アウトドア需要に対応
ドンキは「持ち運べるビールサーバー/UKEG GO 64(ユーケグ ゴー)」を発売する。缶ビールを入れてビールサーバから注ぐと本格的な味わいに。コロナ禍で高まったアウトドア需要やおうち時間の充実に対するニーズに応えていく。(2022/7/26)

太陽光:
FIT終了後の中小規模太陽光をどうすべきか――政府が長期稼働に向けた施策を検討
日本の主力電源として期待される太陽光発電。既に導入されている太陽光発電の長期稼働を支える施策として、政府では小規模な発電設備を集約(アグリゲーション)する方法を検討中だ。(2022/7/25)

SIM内蔵の大容量ポータブル電源「SuperBase Pro」がZENDUREから アプリで位置確認も
モバイルバッテリーなどを手掛けるZENDURE(ゼンデュア)の日本法人、ゼンデュア・ジャパンはスーツケースのように持ち運べるキャスター、ハンドル付きポータブル電源「SuperBase Proシリーズ」を発表。日本での販売を7月22日より順次開始する。ラインアップは三元系リチウムを使用し容量2096Whで約1500回の繰り返し充電が可能な「SuperBase Pro 2000」(直販価格は28万9000円)と、リン酸鉄リチウムを使用し容量1440Whで約3000回の繰り返し充電が可能な「SuperBase Pro 1500」(24万9000円)の2モデル。(2022/7/22)

ニチコンとe-peasがIoT機器向け:
エネルギーハーベスティング電源ソリューション
ニチコンとベルギーのe-peasは、小形リチウムイオン二次電池「SLBシリーズ」とエネルギーハーベスティング用PMIC(パワーマネジメントIC)を組み合わせた「エネルギーハーベスティング電源ソリューション」を開発した。(2022/7/22)

製品動向:
停電時でもシャッターを開閉できる電源供給システムを発売、文化シヤッター
文化シヤッターは、地震や台風といった災害による停電時でも、車載コンセントやポータブル電源に接続することで、電動タイプのガレージシャッターを開閉する電源供給システム「プラグインパワーユニット」を2022年7月4日に販売開始した。今後は、電動タイプのガレージを設置している顧客や商業施設を管理している企業に向け、プラグインパワーユニットの提案を進めていく。(2022/7/21)

山市良のうぃんどうず日記(236):
Windows Update後の「電源を入れたままにしてください」は“お願い”というよりも“警告”である
今回はWindows Updateがエラー「0x80070057」で失敗するときの可能性のある原因と、可能性のある既知の回復方法の実際についてレポートします。(2022/7/20)

新MacBook Air、充電上限は94W 140Wアダプタの高速充電は非対応
MacBook Air (M2, 2022) にApple 140W USB-C電源アダプタをMagSafe 3接続しても最大94Wまでの充電ということが分かった。(2022/7/15)

グリーンモード機能を搭載:
サンケン電気、スイッチング電源用パワーICを量産
サンケン電気は、PWM型スイッチング電源用パワーIC「STR6S161HXD」の量産を始めた。グリーンモード機能を搭載し、全負荷領域で効率の良い電源の設計を可能にした。(2022/7/15)

Wired, Weird:
単線の圧着が引き起こす不具合【前編】
減圧ポンプに使用されるモータードライバーの不具合調査を依頼された。不具合内容は「電源を入れると欠相のアラームが発生する」ということだった。今回はモータードライバーの不具合調査を報告する。(2022/7/14)

アンカー、Amazonプライムデーで最大40%オフセール ポータブル電源やUSB急速充電器など110製品以上
アンカー・ジャパンは、7月12日0時〜7月13日23時59分に開催するAmazonプライムデーで最大40%オフセールを行う。対象はポータブル電源やUSB急速充電器など110製品以上。(2022/7/12)

北海道の風力発電、蓄電池の併設が不要に――2023年7月以降の新設電源から
風力発電の導入には蓄電池の併設が義務付けられていた北海道。しかし風力発電のさらなる導入拡大に向けて、2023年7月以降に接続検討の受付を行う新規電源については、変動緩和要件に基づく蓄電池の併設を求めない方針となりそうだ。(2022/7/12)

KDDI完全復旧でも「端末によって不具合が残る」 吉村専務「電源のオン/オフを」
KDDIは7月5日、全国で発生しているauなどの通信障害について、午後3時36分に全国的な復旧をしたと発表した。ただし、端末によっては不具合が残っている。その場合は「電源のオン/オフの操作」をするように呼び掛けた。(2022/7/5)

au通信障害、KDDIが全面復旧を報告
利用しづらい場合は電源OFF・ONを試すよう促しています。(2022/7/5)

KDDIの通信障害が完全復旧 5日15時36分に最終確認
KDDIは、7月2日1時35分から発生していた通信障害が復旧したことを発表した。個人と法人のサービス利用に問題がないことを、5日15時36分に最終確認した。音声通話やデータ通信が利用しにくい場合、端末の電源オン/オフの操作を試すよう呼びかけている。(2022/7/5)

サンワ、ワットチェッカーを備えた6個口電源タップ
サンワサプライは、ワットチェッカー機能を備えたAC電源タップ「700-TAP071」の販売を開始した。(2022/7/5)

au、「音声通話・データ通信含め全国的にほぼ回復」 利用づらい場合は電源OFF・ONの試行を推奨
本格的な再開時間は別途案内するとのこと。(2022/7/4)

スマホのバッテリー劣化を予測できるアプリ「スマホカルテ」、一般公開に
ニューズドテックは、7月4日に診断アプリ「スマホカルテ」の一般公開を開始。電源コネクター、カメラ、マイク、Wi-Fi、イヤフォン、液晶画面や通話/通信、ネットワークローミングなどの状態をチェックできる。(2022/7/4)

セミナー:
PR:【上流設計から始める電源損失解析セミナー】テスラ車載充電器 解析デモあり
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/6/29)

エネルギー管理:
2023年度に「長期脱炭素電源オークション」が始動、対象電源と制度設計の詳細は?
「2050年のカーボンニュートラル実現」に向け、新たな低炭素電源のへの投資拡大を目的とした新制度「長期脱炭素電源オークション」が2023年度からスタート。本稿ではその概要について解説する。(2022/6/29)

ボディー系や情報系の電源回路向け:
自動車向け巻線メタル系パワーインダクターを量産
太陽誘電は、自動車向け巻線メタル系パワーインダクター「MCOIL LCEN」シリーズを商品化、「LCENA2016MKTR24M0NK」など2サイズ13アイテムの量産を始めた。自動車のボディー系や情報系の電源回路向けチョークコイルの用途に向ける。(2022/6/28)

約8900店舗で実施:
セブン&アイHDが節電 トイレの便座ウォーマー電源オフ、フライヤーは休止
セブン&アイ・ホールディングスは、6月26日に発令された「電力需給ひっ迫注意報」に伴い、セブン-イレブン、イトーヨーカドーで節電を実施する。電力のひっ迫が予想される午後3〜6時、加盟店に節電を求め、店舗の作業スケジュールも見直す。(2022/6/27)

東芝 TCK42xGシリーズ:
過電圧防止対応のMOSFETゲートドライバーICを拡充
東芝デバイス&ストレージは、過電圧防止機能を備えたMOSFETゲートドライバーIC「TCK42xG」シリーズに、5製品を追加した。1.2×0.8mmのWCSP6Gパッケージで提供し、小型機器の5〜24V電源ラインに対応する。(2022/6/27)

IoT機器の駆動電源に対応可能:
NIMSら、微細化熱電素子で出力電圧0.5V超を達成
物質・材料研究機構と産業技術総合研究所および、筑波大学の研究グループは、多数の微小なπ接合からなる熱電素子を試作し、0.5V以上の出力電圧を実現したと発表した。この熱電素子がIoT機器の駆動電源として対応できることを示した。(2022/6/27)

Amber Solutionから社名を変更:
AC/DC電源を超小型チップで実現へ、AmberSemi
Amber Solutionsは2022年6月16日から、社名をAmber Semiconductor(AmberSemi)に変更することを発表した。(2022/6/22)

USB Type-CとLigntningコネクターを使い分けられる急速充電ケーブル、サンワから
サンワサプライは、USB Type-CとLigntningコネクターを使い分けられる急速充電ケーブル「500-IPLM030BK」を発売。USB PD対応機器かつUSB Type-CからUSB Type-Cの場合は最大60Wの電源供給を可能とする。(2022/6/21)

電子ブックレット(製造マネジメント):
ローカル5Gの価格5分の1に/外部電源不要の高感度監視カメラ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2022年1〜3月に公開した記事から、IoT関連で最注目のニュースをまとめた「製造業IoTニュースまとめ(2022年1〜3月)」をお送りします。(2022/6/20)

Wired, Weird:
PFC電源の問題点と電源焼損防止のカギ
スイッチング電源が普及してしばらくがたつ。PFC回路の搭載など進化してきた一方で、弱点を抱えているのも事実で、焼損の可能性を持つスイッチング電源は少なくない。スイッチング電源、PFC電源の弱点をいま一度見つめ、安全性を高める方法を考えてみたい。(2022/6/17)

古田雄介のアキバPick UP!:
柔らかくて明るい! Lian Liの光る電源ケーブル新作が好評
先週はLian Liの光る電源ケーブル「STRIMER PLUS V2」シリーズや、MSIの光らないGeForce RTX 3090 Ti搭載グラフィックスカード、ProArtistの低価格なCPUクーラーなどが登場した。(2022/6/13)

福田昭のデバイス通信(367) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(21):
受電側フロントエンドにおける整流回路定数と電源IC
今回から、「7. 放射型ワイヤレス電力伝送の応用例」の講演部分を紹介する。主に受信側の回路を解説する。(2022/6/10)

M2搭載の新型「MacBook Air」にApple円盤本社で触れた 電源ケーブルの色までチェック
MACお宝鑑定団流の細かすぎるハンズオンレビュー。(2022/6/9)

法制度・規制:
発電所に対する長期収入の確保へ、20年の固定報酬を入札で決める新制度
電力需給の安定化につながる供給力の確保と脱炭素化の両立に向けて、電源(発電所)への新規投資や改修を促す新たな報酬制度の創設が検討されている。容量市場とは異なり、一度の入札で20年間にわたる長期の固定収入を決められる仕組みとなる見通しだ。(2022/6/8)

太陽光:
「太陽光で発電する道路×蓄電池」の独立電源システム、東亜道路工業が販売へ
東亜道路工業とコラス・ジャパンは、路面に直接設置できる太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせた「ワットウェイ・パック」を2022年6月から販売する。(2022/6/7)

福田昭のデバイス通信(366) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(20):
整流回路の出力を所望の電源電圧に変換するコンバーターの原理
今回は、レクテナの後段に位置する直流コンバータ(昇圧と降圧)について解説する。(2022/6/7)

合計最大出力245Wに対応したモバイルバッテリー&電源アダプター クラウドファンディングで登場
ロア・インターナショナルは、合計最大出力245Wに対応した「HyperJuice 245W GaN電源アダプタ」「HyperJuice 245W バッテリーパック」をクラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売する。(2022/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。