ニュース
» 2004年07月05日 15時37分 公開

ドコモ、DoPa対応無線モジュール発売

NTTドコモは7月7日から、無線パケット通信モジュール「DoPaユビキタスモジュール」を発売する。家電の情報化やタクシーの車両運行管理に利用可能。

[ITmedia]

 NTTドコモは7月7日から、無線パケット通信モジュール「DoPaユビキタスモジュール」を発売する。家電の情報化やタクシーの車両運行管理、自動販売機のテレメントリングなどに利用できる。オープン価格。

PHoto

 ドコモは従来もパケット通信機として「モバイルアーク」などを提供していた(ドコモの製品情報)。しかしこれは既に完成した自販機などに「後付けで組み込むもの」(ドコモ広報部)だった。

 新しいモジュールは、生産段階から機器に組み込むことを想定する。端末の主なスペックは、以下のとおり。

photo 組み込みイメージ図
製品名 DoPaユビキタスモジュール
対応サービス DoPaシングルサービス
データ通信速度 上り下りとも最大9.6Kbps
インタフェース シリアル(57芯フレキコネクタ)
通信プロトコル PPP(TCP/IP、UDP/IP)
サイズ 35.7×37.0×5.0ミリ
重さ 約10グラム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう