速報
» 2004年08月31日 14時31分 公開

NEC、2.5インチVGAで3D表示可能な液晶パネル

235ppiと従来の2倍以上となる世界最高の精細度で3D表示が可能だ。携帯電話向けディスプレイとして開発を進める。

[ITmedia]

 NECはこのほど、235ppiと従来の2倍以上となる世界最高の精細度で3D表示が可能な2.5インチシステムオングラス液晶ディスプレイを開発したと発表した。裸眼立体視可能な携帯電話向けディスプレイとして開発を進める。

 縦長の長方形画素を採用して横方向の解像度を従来の2倍にした新開発の「Horizontally Double-Density Pixels」(HDDP)構成と「レンチキュラーレンズ」により、2.5インチサイズで640×480ピクセル(470×235ppi)と高密度な画素配置が可能になった。

 2D表示時には隣り合った2つの長方形画素に同じ画像を、3D表示時は左右の目に対応する画像をそれぞれ表示することで、従来の正方形画素を利用したディスプレイでは320×240ピクセル(180ppi程度)で3D表示解像度は90ppi程度にとどまっていたのが、よりきめ細かい表現が可能になった。

 2D表示と3D表示は切り替え可能。2D映像の一部を3Dにすることもできる。薄型ながら、3D表示時も十分に明るい映像が楽しめるという。

 裸眼立体視可能なディスプレイは、左右の目に対応する2枚の視差画像を横方向に1画素ずつ交互に表示するため、2D時と比べて画素が半減し、画像が荒くなるという問題があった。また、2D/3D切り替え可能な従来製品は、3D表示時に明るさが低下していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう