ニュース
» 2004年09月03日 19時35分 公開

スクエニの「BEFORE CRISIS」、アプリから通信しにくい状態に

βテストが開始された900i専用コンテンツ「BEFORE CRISIS -FINAL FANTASY VII-」について、アプリからの通信が行いにくくなる現象が確認されている。スクウェア・エニックスは、本サービス開始までに改善するとしている。

[後藤祥子,ITmedia]

 8月31日にβテストが開始されたスクウェア・エニックスの「BEFORE CRISIS -FINAL FANTASY VII-」。アプリの起動時やマテリア生成時などにアプリからの通信が必要となるが、それが行いにくい状態になっている。

 スクウェア・エニックス モバイル事業部長の洞正浩氏によれば、原因は「予想を超える数のアクセスによるサーバ負荷の増大」。βテスト開始日には160万のアクセスがあり、ピーク時には1時間16万アクセスを記録したという。「FOMA向けFF公開初日の100倍のアクセスがあった」(洞氏)。

 同社はシステムの見直しやサーバの増設により、本サービス開始日の9月24日までに改善するとしている。

 なお来週からは、ほかのプレイヤーに援護を要請できる「マテリア援護」機能がβ版に追加される予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう