ARM、マルチメディア技術「Neon」開発

» 2004年10月05日 19時08分 公開
[IDG Japan]
IDG

 プロセッサ設計会社の英ARMは10月4日、「Neon」と呼ばれる新しいマルチメディア技術を開発したことを明らかにした。この技術は、複数のタスクを処理する家電の性能を向上させる役に立つ。

 ARMはスマートフォンやPDAなどの携帯デバイス向けてのプロセッサコアを設計しており、半導体メーカーは同社から設計のライセンスを受けてプロセッサを製造している。Texas Instruments(TI)、FreeScale Semiconductor、Intel、Samsung Semiconductorなど、モバイルプロセッサ業界では多数の企業が自社製品の基盤としてARMの設計を採用している。

 携帯デバイスは向こう数年で家電プラットフォームに進化すると見られている。ベンダー各社や業界アナリストは、コンシューマーは映画や楽曲の再生機能、ゲーム機能、インターネット接続機能を備えた携帯メディアデバイスに高い関心を持っていると考えている。この種の製品への需要は現時点ではまだ大きくはないが、ARMやそのパートナーなどは、ユーザーの間で携帯デバイスでノーカットの映画を見たいという意欲が高まる日に備えている。

 Neonを採用すると、デバイスメーカーは次世代デバイスで複数のビデオストリーム、3Dグラフィックス、画像処理をサポートできる。この技術は、64ビットまたは128ビットのデータパスで利用できるSIMD(Single Instruction Multiple Data)命令セット。

 Neonは、来年のリリースを目指すプロセッサコアに搭載されるとARMの広報担当者は話している。この担当者によると、Neonをベースにした製品は、ライセンシーの計画によって、2006〜2008年に登場する見通しだという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
  10. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー