ニュース
» 2004年11月04日 02時38分 公開

携帯向けFlash放送?〜「Flash Cast」って何だMAX 2004(2/2 ページ)

[杉浦正武,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 現在は、同サービスを各キャリアに導入してもらえるよう交渉中。既に複数のキャリアが興味を示しているという。以下に、気になる点をいくつかまとめてみよう。

 いつから始まるのか?――Flash Castは、まだ世界のどこでもサービス提供されていない。実は、日本で世界に先駆けてサービス開始される可能性もあるという。

 「(携帯電話への)Flash Liteの導入も、日本が早かった。各種技術面で見ても日本のモバイル市場は世界で最も進んでおり、ここから始める可能性はある」。開始時期は“2005年のいつか”だが、詳細は未定とのことだった。

 携帯メニューの、どの階層にFlash Castが配置されるか?――携帯向けコンテンツとしては、ドコモなら「iモード」なり「iアプリ」があり、ボーダフォンでは「地上波のテレビ受信サービス」などがある。Flash Castもこうしたサービスを肩を並べて、アクセスしやすい階層に置かれるのだろうか。

 ユハ氏の回答を聞く限り、現在はキャリアと調整中なのでなんとも言えない、といったところ。「できるだけルートに近い階層に、Flash Castが埋め込まれているようにする」。

 なお、Flash Castの採用キャリアは1つになるか、複数になるかも含めて交渉中。キャリアが違えば、多少ユーザーインタフェースが異なる可能性もあるが、できるだけ混乱を招かないかたちにしたいという。

 どんなデバイスが対応するのか?――Flash Castのクライアントに求められる条件は、基本的にFlash Lite 1.1の技術をサポートしていること。もっとも、現状のFlash Lite 1.1対応端末が、アプリダウンロードなどでサービスに対応できるかというと、答えはノーだ。

 ユハ氏によれば、端末〜サーバ間で通信をするために各種の調整が必要。「Flash Cast対応端末」というものが、新たにリリースされると考えるべきだろう。

ビジネスモデルは?

 Flash Castでは、Macromediaはコンテンツを作ることも、コンテンツアグリゲートも担当しない。それらは専門家に任せようというスタンスだ。あくまでキャリアに技術を提供して、プッシュ配信サーバのライセンス料などをもらうというビジネスモデルになる。

 これに加えて、レベニューシェアによる収益も考えているようす。各コンテンツの売上の一部が、同社に入るようになる見込みだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー