Special
» 2005年07月26日 21時00分 公開

フルブラウザ&PCファイル閲覧:PC感覚で使えるケータイ「W31CA」 (3/3)

[ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

いつでもどこでもさっと取り出せるビジネスツール

 W31CAは、2.6インチという大画面液晶が目を引く端末だが、その大画面は、PCドキュメントビューアーとPCサイトビューアーを格段に使いやすくしている。また、液晶部分が回転する2軸ヒンジを採用、液晶部を前面にして折りたためば、端末を閉じた状態でメールやサイトの閲覧が容易に行える。

本体背面には3.2メガピクセルカメラとステレオツインスピーカーを備える

 有効画素数320万画素という高解像度の写真も撮影可能で、AF機能も備えるなど、機能は非常に充実している。営業先で商材や現場写真を納め、すぐに写真を会社に送る、といった芸当も可能だ。高画素で細部まで確認でき、撮影後の写真の写りもなかなかいい。

 横置きのクレードル型の充電台は、PCとUSBで接続、スケジュールデータを転送できるので、PCで管理しているスケジュールデータをそのまま端末に持ち出すこともできる。

 いずれにせよW31CAは、PCドキュメントビューアーやPCサイトビューアー、充実したEメール機能に定額制――使って安心できる、いつでもどこでもさっと取り出せるビジネスツールといえるだろう。

開発者に聞く「W31CA」
W31CAの企画を担当した、カシオ日立モバイルコミュニケーションズ 戦略推進グループの河本恭一リーダー
 WINサービスを存分に楽しめ、使いこなすというコンセプトを徹底したのがW31CAです。Picsel社の技術を使ったPCドキュメントビューアーの搭載では、開発者を連れて英国に飛ぶなど苦労もありました。しかし今までできなかったことも実現できています。
 例えば、会社のメールを全部W31CAに転送しておけば、Excelファイルの議事録など添付されているファイルがそのまま見られます。ちなみにW31CAではメールの送受信容量が500Kバイトに拡大していますが、社内の技術者1名をサンプルに過去1年間のPCメールをチェックしてみたところ、95%以上のドキュメントを閲覧することができました。
 HTMLドキュメントが見られるのもポイントです。これまでもPC連携ソフト「MySync」で画像として切り取れば見られましたが、mHTMLならばページがそのまま確認できます。Internet Explorerで、サイトを保存するときに「Webアーカイブ、単一のファイル(*.mht)」を選べばOKです。
 W31CAでは、WINでできることはすべてできると思ってほしい。そんな端末です。
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう