ニュース
» 2006年02月15日 23時21分 公開

3GSM World Congress 2006:薄さで勝負──NECの海外モデル

NECが海外向け端末の新モデルを披露。近々リリース予定のGSM端末「e959/N500iS」は、メガピクセルカメラ搭載で13.6ミリという薄さがウリの端末だ。

[後藤祥子,ITmedia]

 NECは3GSMの同社ブースで、近日リリース予定のGSM端末「e959/N500iS」を披露した。特徴は13.6ミリという薄さと95グラムという軽さ。既にリリースされているGSM端末「e949/N412i」の厚さ11.9ミリ、重さ94グラムには及ばないが、EDGEへの対応や内部メモリの拡張、バッテリーの持ち時間など改善を図りながら、前モデルに迫るスリムさを維持している。

e959/N500iS。テンキーは出っ張りのないフラットなタイプ


横から見るとその薄さが分かる

 ブースではUMTS/GSMのデュアルネットワーク対応機「e636」も展示。200万画素カメラを搭載しながら厚さを13.9ミリに抑えたスリムボディが特徴だ。発売時期はまだ決まっておらず、展示もガラスケースの中に入った状態での展示となっている。

海外向けUMTS/GSM端末「e636」。Java、MP3プレーヤー、Bluetoothなどの機能も備える。この端末もテンキーはフラットなものが採用されている


既に販売中の「e949」は、厚さ11.9ミリのGSM端末。130万画素カメラを搭載し、メインディスプレイは1.9インチ。Java、Bluetooth、MP3プレーヤー機能を装備


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう