ニュース
» 2006年02月21日 21時14分 公開

ドコモ、PHSを「家族名義に変更して」FOMAに移行も可能

ドコモが、PHSユーザーの移行策を進めている。新たにPHS契約を「家族名義に変更した上で」ムーバやFOMAの契約に移行できる施策も開始した。

[杉浦正武,ITmedia]

 NTTドコモが、PHSユーザーのFOMA/ムーバ契約移行策を進めている。新たにPHS契約を「家族名義に変更した上で」ムーバやFOMAの契約に移行できる施策も開始。PHSサービス終了までに、自社サービスでの巻き取りを目指す。

 NTTドコモは従来も、PHSユーザーを携帯に移行させるために複数の対策を講じてきた。PHSユーザーは端末の“利用期間”をドコモの携帯に引き継げるほか、電話型のFOMAを最大2万円引きで購入可能。カード型FOMAもしくはムーバを購入する際も、最大1万円が割り引かれるようになっている。

 2月20日からは、「番号えらべるサービス」を提供開始。PHSユーザーは携帯番号を取得するにあたり、無料で自分の使っていた番号に似た番号を検索、選択できる(1月24日の記事参照)。またPHS契約を家族に名義変更した上で、FOMAに移行できるサービスも開始。PHSを解約しようとしているユーザーに、FOMAなどの新規契約を考えている家族がいた場合に便利なシステムで、ユーザーはPHS契約者の確認書類と、譲り受ける家族の確認書類を用意すれば、その家族が契約を引き継ぎ、さらに2万円引きでFOMAを購入できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう