スケジュールは携帯で見るのだビジネスで使う「W41CA」(2)(1/2 ページ)

» 2006年02月22日 00時36分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 筆者は昔は「Palm」などのPDAを愛用していたクチだ。当然スケジュール管理はPDAで行っていた。ところが携帯が(中途半端に)高機能化し、PDA市場が衰退していく中、紙の手帳やWebサービスなど、スケジュール管理の決め手がないまま戸惑っていた。

 今回W41CAを入手して、まず試してみようと思ったのがスケジュール管理だ。第1回の赤外線に続き、今回はスケジュール機能を見てみる。筆者の状況を先にいうとこんな感じ。

  • 会社ではグループウェアで予定を管理している
  • そのグループウェアはOutlookとシンクロ可能
  • 個人の予定は紙のカレンダー

 au端末は、カシオソフトの「MySync Biz」というソフトを使うことで(2004年9月3日の記事参照)、端末内のスケジューラとOutlookをシンクロ(同期)──端末とOutlookのデータを互いに最新になるようにコピーしあえる。W41シリーズは全機種にPCと接続するためのUSBケーブルが付属していることもあり、まずはつなげてみようと思い立った。

「MySync Biz」はカシオソフトのWebからダウンロードできる。Outlookを使っていない人は、LISMOの「au MusicPort」のPIM機能とそっくりなPIMが利用できる「MySync Suite」も便利だ

 MySync Bizはオンラインで販売されているので(2000円)、思い立ったらすぐにダウンロード購入が可能。あとはW41CAをクレードルにセットし、クレードルとPCを付属のUSBケーブルでつなげばOKだ。もちろん事前にドライバは入れておく。

 Outlookとのシンクロも容易だった。予定の日時、件名、場所、アラーム設定、内容(コメント)がすんなりとW41CAに入る。ちょっと気になったのは、内容が全角40文字しか入らないこと、Outlookのプライベート予定が反映されないこと、それからOutlook側の繰り返し予定に対応していないことだ。繰り返し予定は全く反映されないため、筆者の場合、繰り返しの予定も個別に入力することで対処した。

※ちなみにNokiaの702NK IIは、同期した際にOutlook繰り返し予定やプライベートが反映される。ただし逆に予定の内容は表示されないようだ

 それ以外は快適そのものだ。複数日にまたがる予定もそのまま移るし、何よりもW41CA側のスケジューラの使い勝手がいい。

上キーを押すだけ──さくさく予定確認

 まず、待受画面から上キー1つでカレンダー+スケジュールが表示される。画面上にカレンダー(もちろん祝日表示対応)、下半分にその日の予定(開始時間+件名)が出るので一覧性は悪くない。十字キーを押せば個別の内容もすぐに確認できる。細かなところだが、個別の予定を見るときに曜日も表示されるのがありがたい。[メール][EZ]キーで前後の月に移るのも簡単だ。

 携帯スケジューラの基本は閲覧だと思うが、W41CAは意外に入力もしやすい。件名、場所、時間の順に──つまり重要な順に入力していく形式で、その項目を入力決定すると、次の項目にフォーカスが自動で移っていく。

縦長の液晶が威力を発揮。1日8件の予定が表示でき、予定の内容もスクロールなしでチェックできる

 細かなところで感動したのは日時の入力だ。例えば開始日は、数字、十字キーのほか、カレンダーから選ぶこともできる。時間も数字のほかカーソルキーでも入力可能だ。終了時間はデフォルト表示が開始時間にセットされている。敢えていうなら、新規作成時に開始時間と終了時間が同じなのは直してほしい。終了時間のデフォルトは開始時間の1時間後にしてほしかったと思う。また十字キーで分を動かすときは1分単位ではなく15分や30分単位で動いたほうが実際に即しているとは思う。ただし、今のままでも十分すぎるくらい便利だ。

 携帯を開いて、上キー。これだけで予定が把握できて、詳細も分かる。しかもOutlookと連携でき、そうでない人も「au MusicPort」を使えばPCにバックアップを取っておける。携帯のスケジューラは期待はずれのことが多かったのだが、今回は本当に便利に使えている。

 とはいえ、敢えて個人的に改善点を望むとしたら以下のところだ。そして実はこのあたりはよりPDAに近いNokiaの「702NK II」ではクリアされていることでもある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー