ニュース
» 2006年03月15日 21時05分 公開

ケータイ国際フォーラム:リモートロックのデモも――ビジネス携帯「B01K」を触ってみた

大型バッテリーを装備し、リモートでデータの削除などを行える「B01K」が展示されていた。実際にリモートロックのデモも見ることができた。

[杉浦正武,ITmedia]

 京都で開催されている「ケータイ国際フォーラム」会場で、KDDIはビジネスケータイ「B01K」を展示していた。セキュリティ機能を強化し、大容量バッテリーを搭載したモデルとなる(3月6日の記事参照)。市場価格は、7800円程度になる見込み。

Photo 京セラのタマゴ型端末「A1403K」を頑丈にしたような外観

 B01Kは、大型バッテリーを搭載しただけに厚さ31ミリとやや分厚い。ただし、このおかげで約470時間という待受時間を確保している。「このサイズのバッテリーはひと昔前にあったものだが、最近ではデザインの制約もあって敬遠されていた。しかし今回はビジネスケータイとして、このバッテリーを使う前提で開発を進めた」(説明員)

手にとってみると、相当な厚み。側面から見るとバッテリーの部分だけ出っ張っていることがよく分かる

 B01Kのもう1つの魅力が、セキュリティ機能だ。通常の携帯でも、事前に設定した「何分以内に何回コールする」などのルールに沿ってリモートロックをかけることは可能。しかしB01Kの場合は、ASPサービス「ビジネス便利パック」に対応したことにより、ネットワークに接続したPCから管理者が操作すると、ワンタッチでロックをかけられる仕組みになっている。端末内に重要なデータが入っていた場合には、リモートでデータを削除することもできる。

Photo 管理画面。当初、ビジネス便利パックのリモートロックに対応したau端末はB01Kだけだ

 会場では実際にリモートロックのデモを見ることができた。PC上で端末名を指定し、リモートロックのボタンをクリックするだけで端末側にロックの設定がかかる。端末に操作コマンドの意味合いを持ったSMSを送信して、各種操作を行うという仕組みだ。「悪意のあるユーザーがB01Kを拾って、通話しているとSMSは受信できない。ただしネットワーク側で『成功するまで再送』という設定ができるから、どこかで通話が途切れたタイミングでSMSの指示が反映される」

 POPメールにも対応しており、BREWアプリとして「POPメーラ」をプリインストールしている。ちなみに、前述のビジネス便利パックも、対応アプリをプリインストールしている。

PhotoPhoto ネットワーク経由で、ロックがかかった。これで一切の操作を受け付けない。もちろん管理者がワンクリックすればリモート解除も可能
(左)メニュー画面。電卓機能などがトップメニューに配置されている(中)BREWアプリとして、POPメーラをプリインストールする(右)文字サイズは、必要に応じて拡大可能だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう