ニュース
» 2006年05月25日 01時16分 公開

夏モデルの“ここ”が知りたい「D902iS」編(3):スピードセレクターを動画で見たい──「D902iS」

言葉で説明しても、なかなか実際の利用イメージをつかみにくいのが、「D902iS」に搭載されたスピードセレクター。利用イメージを「動画で見たい」という要望が相次いでいる。

[後藤祥子,ITmedia]

 十字キーに回転機構を取り入れた新機構、スピードセレクターを搭載した「D902iS」。メニューやアドレス帳の選択時、メール、iモードサイト、フルブラウザを使ったPCサイトの閲覧時などに便利な機能だ。

 この機構については「言葉で説明されるよりも、見てみたい」という声が多く寄せられている。「回転にメニューのスクロールが追従しているのかが気になる」というわけだ。

 そこで、メニュー画面のスクロールとメールのスクロール画面について、動画を用意したのでご覧いただきたい(動画は3gpフォーマット)。

altメニューのスクロール時
altメールのスクロール時

 FOMAは“もっさり感”を気にするユーザーも多いが、D902iSのスピードセレクター操作は、回転にしっかりカーソル移動が追従しているのが分かる。メールタイトル表示時のスクロールについては、次ページに移動する際、若干タイムラグが発生するが、利用する上でストレスを感じるほどではないだろう。

質問:内蔵メモリはどれくらいですか

 FOMA全般でいえることだが、ドコモは内蔵メモリの容量を公開していない。そこで、初期状態で最大解像度で撮影したカメラ画像を何枚、内部メモリに保存できるかを試してみた。

 具体的には、1728×2304ピクセル(ファイン)で同じ被写体を撮影した場合に何枚内蔵メモリに保存できるかを試し、撮影した写真の容量×枚数でだいたいの内蔵メモリを計ってみた。

 結果は約848Kバイトの写真を10枚保存でき、11枚目から「外部メモリに保存してください」というアラートが出た。初期状態ではおおむね、9Mバイト程度の内蔵メモリをユーザーが自由に利用できるようだ。

 ただ902iSシリーズからは、すべての端末が内蔵メモリのコンテンツを外部メモリに移動できるようになったため、(コンテンツプロバイダの対応にもよるが)従来端末ほど不便を感じることがなくなる可能性もある。また、プリセットされているDCMXアプリや、ゲームなどをいったん消去して、必要なときにドコモのサイトやメーカーサイトからダウンロードすれば、内部メモリを効率よく利用できる。

※今回の検証は、発表会で展示されたデモ機で行っており、製品版では仕様が変わる可能性もあることをご了承いただきたい。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう