クルクル回る十字キー+2.8インチ大画面──「D902iS」

» 2006年05月11日 13時55分 公開
[ITmedia]

 2.8インチの大画面とスリムなスライドボディで人気を博した「D902i」(記事一覧参照)。その後継機となる「D902iS」(5月11日の記事参照)は、新たに「スピードセレクター」(5月16日の記事参照)と名付けられた、クルクル回る十字キーを装備したスライドボディのFOMA端末だ。ボディカラーはマゼンタ、ストーン、プラチナ、サファイアの4色をラインアップする。

photo 「D902iS」
photo

 →「D902iS」詳細記事

 スピードセレクターは、縦に長い2.8インチ大画面上での各種操作を快適にするために搭載された新機能。アドレス帳やWeb、メール利用時のスクロールを回転する十字キーでスムーズに行えるという。待受時に回転させるとメニューに移行できるほか、あらかじめ設定することで任意のフォルダ内の画像を回転に合わせてランダムに表示させることも可能だ。決定キーはスピードセレクターの回転に合わせて光る仕様。36通りの中から好みの光り方を選択できる。

 D902iSにはフルブラウザも搭載され、2.8インチの大画面をフルに使ってPC向けサイトを閲覧可能。スピードセレクターは、フルブラウザのスクロールにも対応する。

 日本語入力システムのATOK+APOTは辞書のダウンロードに対応。ほかにも、音楽再生中やメール閲覧中などにもロック可能になったキーロック、音声認証対応のICカードロックなどの機能を搭載した。

 記録画素数400万画素の200万画素スーパーCCDハニカムを採用したカメラは、静止画および動画の手ブレ補正に対応。ズームイン/ズームアウトの操作はスピードセレクタで行える。なおICカード機能は待たれていたFeliCaへの対応を果たした(5月12日の記事参照)

機種名 D902iS
サイズ(幅×高さ×厚み) 49×110×19.9ミリ
重さ 124グラム
連続通話時間 約170分(テレビ電話:約90分)
連続待受時間 約550時間以上(静止時)、約380時間以上(移動時)
アウトカメラ 有効約200万画素(記録400万画素)スーパーCCDハニカム(AF対応)
インカメラ 有効約10万画素CMOS
外部メモリ miniSD(別売)
メインディスプレイ 2.8インチ(240×400ピクセル)26万2144色TFT液晶
サブディスプレイ
ボディカラー マゼンタ、ストーン、プラチナ、サファイア
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  2. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  3. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. ドコモが「dポイントクラブ」を改定する真の狙い “d払い併用”でも損する場合あり (2024年05月18日)
  10. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年