写真で解説する「BlackBerry 8707h」 (1/2 ページ)

» 2006年09月26日 04時22分 公開
[吉岡綾乃,ITmedia]

 9月25日、加Research In Motion(RIM)はNTTドコモと共に法人向けに展開するモバイル端末「BlackBerry 8707h」についての発表会を行った(9月25日の記事参照)。9月26日より販売を開始する。

BlackBerry 8707hの機能

 すでにドコモが発表しているように、BlackBerry 8707hは法人向けのみの販売で、コンシューマー向けの店頭販売は行わない(9月19日の記事参照)。また、製品単体での販売は行われないため、専用サーバーとのセット製品“BlackBerry Enterprise Solution”として導入することになる。

 BlackBerryはテキスト入力機能を強化した携帯電話で、QWERTY配列のフルキーボードを搭載した機種が多い。音声通話、Webブラウズに加え、PC用メールがプッシュで着信する点が受け、米国や欧州のビジネスマンの間で人気を博している(6月8日の記事参照)。ラインアップはGSM/GPRS対応機種がほとんどだったこともあり、これまで日本で利用することはできなかった。BlackBerry 8707hは、BlackBerryシリーズの中ではまだ少ないW-CDMA対応機種で、W-CDMAのほか、GSM/GPRS(850/900/1800/1900MHz)ネットワークに対応している。

 今回ドコモが販売するBlackBerry 8707hは、端末の日本語化を行っておらず、日本語の入力ができない(詳しくは後述)。ターゲットとしているのは、「外国人ビジネスマンが多く勤務し、共通言語として英語が使われているような外資系企業」(RIMの説明員)だ。価格などは明らかにしていないが、ドコモ法人営業本部長の星澤秀郎氏は「9月14日にドコモからプレスリリースを出して以来、今日までで1400回線確定受注を受けている」と話す。

 なおRIMは今後、端末の日本語化も検討している。「2007年の中頃を目指している」(RIM)

写真で見る「BlackBerry 8707h」

 BlackBerry 8707hは上半分が画面で、下半分がキーボードに充てられている。画面は横長の液晶で、解像度は320×240ドット。RIM自身が「ページャー(ポケベル)出自の製品」と認めているように、ポケベルを彷彿とさせる画面だ。

 キー自体は小さく、しかも密集しているため、押しにくそうに見える。しかし実際に操作してみると、キーの反発具合がなかなか良く、見かけよりも文字入力は快適だ。文頭の文字は自動的に大文字で入力されるほか、キーを長押しすると大文字になるなど、英文入力に適した文字入力システムになっている。

photo 発話キーと終話キーの間にあるフロントボタンは、ユーザーが機能を割り当てられる。スピーカーは画面の上、マイクはナンバーキーの左隣
photo 本体背面には大型の背面スピーカーが付いている


photo 本体右側面には、エスケープキーとトラックホイールが付いている
photo 本体左側面。左から電源、丸型イヤホンジャック、サイドキー(ユーザーが機能を割り当てられる)
photo 本体上部には、電源ボタンとミュートボタンが付く
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月26日 更新
  1. iPhoneのSuicaが改札で反応しない原因は? 対処法も解説 (2024年06月25日)
  2. 中国スマホが“とある場所”で「消しゴムマジック」を使えないワケ 実際に検証してみた (2024年06月25日)
  3. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  4. 小型スマートフォンを使っていますか? 今後使いたいですか? (2024年06月25日)
  5. 「OPPO Reno11 A」はどこがお得? Y!mobile、楽天モバイル、IIJmio、mineo、メーカー直販を比較 (2024年06月24日)
  6. ハイエンドスマホを毎年格安で機種変更 ソフトバンクの「新トクするサポート(プレミアム)」をオススメできる人、できない人 (2024年06月24日)
  7. スマホ用カメラグリップ「SNAP CAM」発売 シャッターボタン付きでモバイルバッテリーにもなる (2024年06月24日)
  8. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  9. “プロ仕様”の撮影ができるカメラアプリ「Blackmagic Camera」のAndroid版が登場 Google Playで無償配布 (2024年06月24日)
  10. auが新料金プラン「スマホスタートプランベーシック 5G/4G」を7月1日から提供 22歳以下なら1年間は月額2178円(Amazon Prime Studentの1年間利用権付き) (2024年06月25日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー