ニュース
» 2006年10月12日 21時10分 公開

写真で解説する「F903i」(2/2 ページ)

[吉岡綾乃,ITmedia]
前のページへ 1|2       

よりきめ細かなICロックが可能に

 代々指紋認証機能を搭載している富士通製端末。F902iSでは、端末を閉じたままでロック解除できる機能や、“指紋だけ認証(暗証番号ではロック解除できない)”、ユーザー認証が必要なWebサイトでIDやパスワードを一元管理する“パスワードマネージャー”などの機能が搭載されたが(5月12日の記事参照)、これらはF903iでも継承されている。

 F903iで強化された点としては、FeliCa関連アプリごとにICロックをかけるかどうかを決められるようになったことが挙げられる。F902iSまではFeliCaチップそのものにロック/解除の設定を行うようになっていたが、F903iでは「DCMX/iDにはロックをかけるが、モバイルSuicaはロックをかけないで使う」といった使い方が可能になる。なお、解除は一括で行う。

photo ICカードロックをかけるかどうか、アプリ毎に設定できるようになった
photo iアプリの一覧からICカードロックをかけるかどうかを選択する

着うたフルとNapsterを混在したプレイリストが作れる

 音楽再生機能としては、富士通製端末としては初めて着うたフルに対応。また、F902iSと同様にWMAに対応しており、Windows Media Player10による楽曲管理ができるほか、定額制音楽配信サービス「Napster」でPCにダウンロードした楽曲をF903iに転送できる。

 端末では、着うたフルとWMA(Napsterで転送した楽曲を含む)を混ぜたプレイリストを作成できる。また小さな変更点だが、従来はミュージックプレイヤーのフォルダを開くと、プレイリストフォルダと、アーティスト別のフォルダしかなかったが、アルバム別/ジャンル別/年別/全曲再生といったフォルダが追加され、使い勝手が向上している。アーティスト名/アルバム/ジャンル/年などのデータは、着うたフルなど購入した楽曲であれば入力されているので、最初からフォルダごとに振り分けられる。

photo 着うたフル、Windows Media Playerで転送した楽曲、Napster To Goで転送した楽曲を同じプレイリストで管理できる
photo ミュージックプレイヤーのフォルダが進化。従来はアーティスト別にフォルダが分かれて楽曲を管理していたが、F903iではアルバム別の管理や全曲再生などが行えるようになった
photo 平型端子用のリモコン、USB接続用ケーブルが標準で付属するので、Windows Media Player10搭載PCを持っていれば、つなぐだけで音楽を楽しめる。

フルブラウザも横画面で、脳力トレーニングも

photo 東北大学川島隆太教授監修のiアプリ「ケータイ脳力ストレッチング」をプリインストールしており、手軽に脳力トレーニングもできる。なおこのアプリは横画面には対応していない。「縦画面でないと脳波が安定しないそうなんです」(説明員)

 F902iSに引き続きフルブラウザを搭載した。フルブラウザは縦画面・横画面のどちらでも利用できる。また日本語入力はF902i/F902iSと同じく、ジャストシステムのATOK+APOTを採用した。

 アウトカメラはオートフォーカス付きで、撮像素子は320万画素CMOSとなっている。また、ソフトウェアによる動画・静止画の手ぶれ補正機能が利用できる。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー