JAXA、「きく8号」を12月16日に打ち上げ――小型端末による衛星直接通信が可能に

» 2006年10月26日 19時44分 公開
[ITmedia]
photo 「きく8号」(ETS-VIII)

 JAXA(宇宙航空研究機構)は10月25日、技術試験衛星「きく8号」(ETS-VIII)を12月16日に打ち上げると発表した。携帯電話程度の小型端末を使い、地上施設を介さずに音声や画像を通信する衛星直接通信や、高精度の測位技術の確立を目標とする。

 きく8号は、高度3万6000キロの静止軌道を利用する重さ約2.8トンの大型衛星。六角形のモジュールを組み合わせ、鏡面精度を高めた展開トラス構造の大型メッシュアンテナを2つ搭載する。アンテナは大きさが19×17メートルとテニスコートに匹敵するサイズで、日本列島全域で小型端末や移動体端末との直接通信を実現するという。

photo 「H-IIA」11号機(H-IIA204)

 きく8号のキャッチフレーズは「大きなアンテナがひらく未来の扉、届ける安心―大型衛星を使った新しい携帯通信の世界へ―」で、シンボルキャラクターとして「きくはちぞう」を登用している。

 また、周回軌道を利用するGPS衛星と静止軌道にあるきく8号を組み合わせ、高精度な衛星測位システムの技術実証を目指すほか、今後の大型静止軌道衛星開発に対応できる衛星バス(姿勢制御や電源、熱制御系の総称)技術の開発も行う。

 打ち上げは、種子島宇宙センターから「H-IIA」ロケットの11号機を使用して行われる。11号機は「H-IIA204」型と呼ばれる形態で、個体ロケットブースター(SRB-A)を従来の2本から4本に増設。静止トランスファー軌道(GTO)へのペイロードを5.8トンに向上したもので、ロケット先端のフェアリングも大型となっている。


photo シンボルキャラクターの「きくはちぞう」。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  8. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
  9. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  10. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー