ニュース
» 2006年12月19日 15時47分 公開

jig.jp、「jigムービー」をアップデート

jig.jpは動画配信プラットフォーム「jigムービー」のバージョンアップを行った。エンコード時間が高速化され、対応フォーマットにWMVやMPEG-1が追加された。

[平賀洋一,ITmedia]

 jig.jpは12月19日、携帯電話向け動画配信プラットフォーム「jigムービー」を「Ver.2.1.0」へとバージョンアップした。同日から販売され、価格は20万7900円。Ver.2以降からのアップデートは無償となっている。

 新バージョンでは、エンコードエンジンの一部を刷新致し、エンコード時間の短縮化を行った。動画の実時間での変換が可能になるなど、従来よりも効率の良いコンテンツ配信が可能になるという。トリミング時の編集画面にGUIを採用し、直感的な作業が行えるようになった。

photophoto jigムービーの設定画面(左)、画面のトリミング作業がGUIにより直感的に行えるようになった(右)

 また、新たにエンコード可能な動画形式も追加されている。従来の標準的なAVI形式等に加え、WMV/MPEG-1形式にも対応した。他社から販売されているコーデックを導入することで、DivXやMPEG-4、H.264、QuickTime、Flashからの変換も可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう