ニュース
» 2007年03月09日 15時31分 公開

ソフトバンク、オープンコンテンツ情報料課金サービスを7月末日で終了

ソフトバンクモバイルは、オープンコンテンツの情報料を月々の利用料金と合算して請求する「オープンコンテンツ情報料課金サービス」を7月31日に終了する。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは3月9日、現在提供している「オープンコンテンツ情報料課金サービス」を、7月31日をもって終了すると発表した。

 オープンコンテンツ情報料課金サービスとは、端末を使ったインターネット接続サービスで閲覧できるオープンコンテンツ(キャリア公式コンテンツではないコンテンツ)の情報料を、コンテンツプロバイダー(CP)に代わってソフトバンクが携帯電話の利用料金と合算して請求するサービスで、J-フォン時代の2003年6月に開始された。

 同社では、サービス終了の理由を「オフィシャルコンテンツのさらなる充実を図るため」としており、現在オープンコンテンツ情報料課金サービスを利用しているコンテンツの一部は、公式コンテンツとして提供される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう