ニュース
» 2007年04月12日 17時16分 公開

多種多様な春モデルが好調、11カ月ぶりに500万台超え──JEITA 2月携帯出荷

電子情報技術産業協会(JEITA)が、2月の移動電話国内出荷台数実績を発表した。多種多様な春モデルの登場で、2月の出荷台数は11カ月ぶりに500万台を超えた。

[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2007年2月の移動電話国内出荷台数実績を発表した。携帯電話とPHSを合わせた移動電話の出荷台数は510万2000台で、前年同月比101.6%となった。JEITAによれば500万台を超えたのは、2006年3月以来で11カ月ぶりだという。

 携帯電話の出荷台数は、前年同月比101.3%の493万1000台。中でも3G端末は、ワンセグやフルブラウザへの対応が進むとともに、デザイン性に優れた端末が多数出そろったことから、前年同月比114.4%となる488万9000台が出荷された。一方、新モデルが投入されなくなって久しい2G端末は4万1000台にとどまり、5カ月連続で10万台を下回った。

 PHSの出荷台数は、前年同期比109.1%の17万2000台で、半年ぶりにプラスに転じた。

Photo 携帯電話出荷実績の推移
Photo PHS出荷実績の推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう