ニュース
» 2007年07月10日 15時08分 公開

Verizon Wirelessから「ニューチョコレートフォン」登場

LG電子は、米Verizon Wireless向けの“ニューチョコレートフォン”「LG-VX8550」を発表した。従来のVerizon向けチョコレートフォン同様に音楽機能を重視し、タッチホイールを進化させたナビゲーションホイールを搭載する。

[佐々木朋美,ITmedia]
photophoto 「ニューチョコレートフォン」こと2代目の「LG-VX8550」(左)。Verizon Wireless用の初代「チョコレートフォン」こと「LG-VX8500」(右)

 LG電子は、米Verizon Wireless向けの「チョコレートフォン」最新モデル、“ニューチョコレートフォン”「LG-VX8550」を発表した。

 LG-VX8550は、2006年にVerizon Wirelessを通して販売された、チョコレートフォン「LG-VX8500」の後続モデル。世界で流通しているこれまでのチョコレートフォンと比べ、デザインよりも音楽機能を強化したモデルになっている。

 前モデルのLG-VX8500も、MP3およびWMA形式の音楽再生が可能で、音楽を聴きながらメッセージ送信やWebブラウジングなどが行えるマルチタスク機能を備えていた。「チョコレートフォンシリーズとしては初めて」(LG電子)外部メモリにmicroSD(最大2Gバイト)を採用し、Bluetoothステレオヘッドセットにも対応。米国ユーザーの好みを反映し、前面には容易なメニュー操作が行えるタッチホイールも装備した

 さらに、チョコレートフォン本来の高級イメージを浸透させるため、アーティストやクリエイターたちが多い、ニューヨークのSOHO地区を中心に広告を打ったりもした。その効果あってか「4カ月で200万台程度」(LG電子)という実績を上げている。

 今回発売されたLG-VX8550も、基本的にLG-VX8500のコンセプトを受け継ぎ、音楽機能を重視。MP3・WMA形式のサポートや、マルチタスク対応などはVX8500と同様だ。

 新しくなったのは、中央にある「ナビゲーションホイール」だ。音楽関連の操作を容易にする点では初代と同じだが、素材がメタル素材になったうえ、回すたびにイルミネーションが点灯し楽しく操作できる。また、ホイールの脇にあるタッチキーパッドは、触れるたびに軽く振動するようになった。

photo シンプルかつ高級感あるデザインが、世界的にも大きな人気を得たチョコレートフォン。韓国での型番は「LG-SV590」(SK Telecom用)、「LG-KV5900」(KTF用)、「LG-LP5900」(LG Telecom用)

 ホイールがLG-VX8500よりもシンプルになったせいか、全体的にすっきりとしたデザインになった。韓国で販売されている元々のチョコレートフォンに、少しだけ近づいた印象を受ける。

 本体側面にホールドキーがあり、キーロックをかけておけば音楽を聴いている際に、間違って他のボタンを押してしまうということもない。またカラーは、既存のブラックに加え、ブラックチェリー、ブルーミントが追加された。厚さはVX8500よりも2ミリ薄い17ミリだ。そのほか、130万画素のカメラやBluetooth 2.0を搭載、外部メモリとして最大4GバイトのmicroSDに対応している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう