レビュー
» 2007年07月05日 18時31分 公開

写真で解説する「L704i」 (1/3)

韓国などで人気を得たLG電子の“チョコレートフォン”が704iシリーズとして登場。それが「L704i」だ。凹凸のない滑らかでつややかな小型スライドのボディに、HSDPAと国際ローミング、豊富な音楽機能、独特のタッチパネルデバイスを搭載。操作性も海外製端末に懸念される“クセ”はそれほどなく、既存の国内製端末ユーザーも自然に操作できる印象だ。

[坪山博貴,ITmedia]

 LG電子がドコモ向けとして初めて主力シリーズに投入する端末、それが「L704i」。704iシリーズで唯一HSDPAに対応し、W-CDMAに加えてGSM/GPRSネットワークにおける国際ローミング対応する機能面に加え、同社のグローバルブランドである「chocolate」シリーズの流れを汲むデザインを採用したことも特徴だ。

photophoto LG電子製の“チョコレートフォン”こと「L704i」。White Chocolate、Black Chocolate、Wine Chocolateの3色を用意する

 L704iはスライドボディを採用し、上面の操作部にタッチパッドを採用したことで特徴的なフラットフェイスを実現。丸みを帯びたボディデザインと合わせて、そのシンプルさが携帯音楽プレーヤーのような印象も受ける。

photophoto 上面の操作デバイスはタッチパネル。キーに相当する位置に刻印が施されるほか、操作時は裏から照らされ、アイコンが浮かび上がってくる。ディスプレイ側には十字キーと決定キー、2つのメニューキー、[始話]キー。そして右下にあるのは[終話]キーではなく[クリア]キー
photophoto 下面のダイヤルキーはフレームレスとし、キー1つ1つのサイズを確保している
photophoto 本体左側面に上/下スクロールキーと[タスク]キー、角形イヤフォン端子を搭載する(左)。本体右側面に[終話]キーがあるのが珍しい。[終話]キーの隣にミュージックプレーヤーワンタッチ起動キーがある。そのほか、microSDスロットと通信端子を実装する(右)
photophoto カメラは裏面に実装。レンズ部の出っ張りもなく、表面と同様にフラット。赤外線ポートは本体上面に備える
photo 充電/通信端子はいわゆるW-CDMA標準タイプ。市販のFOMA対応充電グッズなどもそのまま使えそうだ
photophoto 通知LEDは底面にある。サイズが大きいので視認性もよさそうだ。胸ポケットに放り込む時は逆さまに入れておくとよいだろう。LEDの色は音声着信やメール着信別に変更できる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう