速報
» 2007年07月30日 23時44分 公開

AXSEED、スマートフォンのポリシー管理ソフト「Smart Phone Policy Manager」を発売

[ITmedia]

 AXSEEDは7月30日、スマートフォン・ポリシー徹底管理ソフト「Smart Phone Policy Manager」(SPPM)を発表した。

 SPPMは、Windows Mobile搭載スマートフォン用のセキュリティ管理および内部統制用のソフトで、セキュリティ・ポリシーの徹底と利用状況の把握を実現する。カメラやActiveSync、無線LANなど、情報漏洩につながるデバイスを制御できるほか、常時稼動すべき端末ロックソフトが稼動しているか、ゲームなどの稼動禁止ソフトが稼動していないかなどを監視できる。

 管理者が端末1台ごとにポリシー設定する「オフライン版」と、サーバにより集中管理可能な「オンライン版」がある。対応機種はhTc Z、X01HT、W-ZERO3、W-ZERO3[es]、Advanced/W-ZERO3[es]。EM・Oneへの対応も予定している。

 サーバソフトの動作環境はRed Hat Enterprise ES Linux r.3、Apache v2.x、Tomcat v4.1、JDK v1.4、PostgreSQL v7.2。

関連キーワード

内部統制 | スマートフォン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう