ニュース
» 2007年10月18日 17時36分 公開

ウィルコム、国立病院機構のネットワークシステム「HOSPnet」更新を受注

ウィルコムは、独立行政法人国立病院機構の総合情報ネットワークシステム「HOSPnet」の基幹システム更新を受注したと発表した。従来のワイヤレスソリューションに加え、医療機関向けのトータルソリューションを提案する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは10月18日、独立行政法人国立病院機構の総合情報ネットワークシステム「HOSPnet」(ホスプネット)の更新において、基幹ネットワークシステムを受注したと発表した。

 HOSPnetは、国立病院機構総合情報ネットワークシステムの略称で、国立病院機構本部、ブロック事務所、国立病院、厚生労働省、国立高度専門医療センター、国立ハンセン病療養所を含む全国176カ所を専用回線で結んだ病院専用の情報ネットワーク。

 HOSPnet上では、会計システム、人事システム、給与システムを含む業務支援システム、医療薬品情報システム、インターネット等の診療支援システムなどが稼働している。同機構はネットワークの効率化を図るため基幹ネットワークの更新を計画しており、PHSの低電磁波特性を生かし、全国3500以上の医療・介護関連施設への導入実績を持つウィルコムを選定したという。

photo HOSPnetネットワークのイメージ

 今回ウィルコムは、PHS端末と医療機関向けの料金プランからなるワイヤレスソリューション提供だけでなく、大容量の専用有線ネットワークも含めた基幹システムを納入。10月23日から切り替えを開始し、11月中には次期HOSPnetへの更新を完了させる予定だ。

 また、更新した基幹ネットワークシステムをベースに、医療機関内の固定電話とウィルコムのPHS電話機との通話定額化を実現する「W-VPN」の提案や導入実験、遠隔医療や予防医療などへのモバイル活用など、医療機関向けのトータルソリューションを積極的に提案する予定。さらに、最速20Mbps以上を実現する「次世代PHS」に対応したソリューション提案も視野に入れているという。

関連キーワード

ウィルコム | PHS | 電話 | 基幹システム | W-OAM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう