ニュース
» 2007年09月27日 15時00分 公開

ウィルコム、オフィスとPHS間の通話を定額にする「W-VPN」を発表

ウィルコムは、PHS端末に内線番号を付与することでオフィスの内線電話と定額通話が可能になる「W-VPN」を発表した。10月下旬を目途に受付を開始する。また、対応端末も発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは9月27日、オフィスの電話とウィルコムのPHS間の音声通話を定額にする全国モバイル内線ソリューション「W-VPN」を開始すると発表した。10月下旬を目途に受付を開始する。

 W-VPNは、対応のPHS端末に内線番号を付与し、ウィルコムのサービスエリア内であれば内線電話として発着信が行えるサービス。ウィルコムのPHSネットワークと企業の内線交換機(PBX)を専用回線(BRI:Basic Rate Interface)でダイレクトに接続することで、オフィスと端末間の音声通話を定額料金で利用できる。

 社員が外出・出張などでオフィスに不在でも、内線番号からPHSを呼び出せるため取次ぎが不要となり、業務の効率化、迅速化を図れるという。また、PHSとの音声通話が定額でコストの大幅な削減が行えるほか、W-VPN対応のPBXを活用することで、大掛かりな工事や設備が不要で、初期コストも抑えることができるという。

photo 「W-VPN」のサービスイメージ

 専用回線の初期設置費用は1回線につき1万500円で、月額料金は5250円。また、W-VPN内線オプション料金として初期登録費用が1回線につき1050円、月額315円が必要。さらにウィルコム端末は、ウィルコム定額プランかウィルコムビジネスタイム定額トリプルプランへの加入が必要となる。

 対応端末はVPN内線機能を搭載したウィルコム端末で、サービス開始時点では日本無線製のW-OAM対応端末「WX220J-Z」(10月下旬発売予定)が利用できる。今後は「Advanced/W-ZERO3[es]」などへW-VPN対応端末を拡大する予定だ。

 WX220J-Zは「WX220J」の兄弟機で、新たにVPN内線機能を内蔵。事業所用コードレスシステムへの対応や管理者ロック機能、C-HTML対応のWebブラウザを搭載する。サイズは44(幅)×129(高さ)×16(厚さ)ミリ(突起部除く)で重さは約79グラム。連続待受時間は約700時間で、連続通話時間は約7.5時間となっている。

 またW-VPNに対応するPBXは、岩崎通信機、日本電気(NEC)、NECインフロンティア、ネクストジェン、沖電気工業、パナソニック コミュニケーションズ、シスコシステムズ、日立コミュニケーションテクノロジー、東芝、日立製作所、ナカヨ通信機、富士通、日本アバイアなどの各メーカー・ベンダーと連携して準備を進めており、随時ウィルコムのWebサイトに情報を掲載するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう