ドコモの「P705i」「D705i」「D705iμ」「N705i」、1月25日から順次発売

» 2008年01月22日 15時47分 公開
[ITmedia]

 NTTドコモが1月25日から、春モデル4機種を順次発売する。発売日は「P705i」が1月25日、「D705i」「D705iμ」が1月30日、amadanaケータイ「N705i」が2月1日となっている。

Photo 左から「P705i」「D705iμ」「D705i」「N705i」

スリムな多機能モデル――「P705i」


 P705iは、厚さ12.8ミリのスリムケータイ。70xiシリーズ系端末ながら、ワンセグ、HSDPA、おサイフケータイ、WMA/うた・ホーダイ、Music&Videoチャネルなどをサポートした多機能さが特徴だ。

 映像高画質化回路「モバイルPEAKSプロセッサ」によるきれいな動画を鮮やかな画質で楽しむことが可能。上下左右斜めと、全方位からののぞき見を防ぐ「全画面ビューブラインド機能」や横向きでPCサイトを閲覧できる機能(フルブラウザ)なども搭載する。

P705iの主なスペック
機種名 P705i
サイズ(幅×高さ×厚さ) 109×49×12.8ミリ
重さ 約101グラム
連続通話時間 約190分(テレビ電話:約130分)
連続待受時間 約570時間(静止時)
アウトカメラ AF付き6軸手ブレ補正対応、有効200万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 3インチワイドQVGA、26万2144色TFT液晶
サブディスプレイ 0.8インチ、モノクロ2階調有機EL
ボディカラー Morning White、Daylight Blue、Sunny Pink、Premium Dark
主な機能 ワンセグ、FOMAハイスピード、国際ローミング(3G)、iチャネル、おサイフケータイ、着うたフル、WMA、うた・ホーダイ、直感ゲーム ほか


メタリックデザインのスリムなストレート端末――「D705iμ」


 D705iμは、「D702i」「D703i」に次ぐ三菱FOMAの3機種目のストレート端末で、“金属の板”のようなフラットボディが特徴。キーの操作部に採用したメタリックシートには、決定キーを中心としたスピン加工が施され、中心から光りを放つような効果を演出している。

 フラットなシートキーには、キーの位置や押した感覚を分かりやすくするためのキーターゲットを装備。これがデザインのアクセントになるとともに、着信イルミネーションの役割を果たす。

 ディスプレイは2.2インチQVGAのTFT液晶を採用し、アウトカメラは130万画素CMOS。音楽プレーヤーはうた・ホーダイと着うたフル、Windows Media Audioに対応し、microSDに転送したWMA楽曲を聴くことができる。3Gローミングにも対応し、W-CDMA圏のローミング対応各国で通話やメールなどを利用可能だ。なお、GSMローミング、FOMAハイスピード(HSDPA)、ワンセグ、直感ゲームには非対応となる。

D705iμの主なスペック
機種名 D705iμ
サイズ(幅×高さ×厚さ) 47×122×10.3ミリ
重さ 約82グラム
連続通話時間 約150分(テレビ電話:約90分)
連続待受時間 約420時間(静止時)
アウトカメラ 130万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 約2.2インチ(240ドット×320ドット)QVGA、26万2144色TFT液晶
サブディスプレイ
ボディカラー ルミナスブラック、フラッシュシルバー、アイスブルー
主な機能 国際ローミング(3G)、iチャネル、おサイフケータイ、2in1、フルブラウザ、PDFビューア ほか

スクエアボディのスライドワンセグ――「D705i」


 D705iは、シャープなスクエアフォルムに3インチワイドQVGAの大画面を搭載したスライドモデル。フロントパネルにボディカラーごとに異なるテクスチャーを採用するなど、これまでの“D”のスライドケータイとは少し異なる雰囲気を持つ端末だ。

 3インチワイドQVGA液晶の搭載で、ワンセグを横ワイド画面で楽しめるようになり、タテ/ヨコ画面の切り替えはスライドの開閉と連動。外部メモリへの録画や予約録画にも対応した。予約録画は最大30件まで登録でき、2GバイトのmicroSDに最大約10時間40分の番組を録画できる。

 70xi系の三菱端末としては始めてスピードセレクター(回転する十字キー)を搭載し、、大画面利用時の利便性が向上。音楽プレーヤーは着うたフルとWindows Media Audioに対応し、定額制の音楽配信サービス「うた・ホーダイ」も楽しめる。のぞき見を防ぐ「オンリービュー」は、メール利用時に加え、デコメールやiモード、ワンセグ、フルブラウザ利用時にも使えるようになり、周囲の目を気にすることなくさまざまなコンテンツを利用可能だ。

 アウトカメラはパンフォーカスの有効約130万画素CMOSを搭載し、インカメラは非搭載。国際ローミング(3G)、iチャネル、おサイフケータイ、2in1、マチキャラ、きせかえツール、着うたフル、うた・ホーダイなどのサービスに対応し、3Gハイスピード、直感ゲーム、GSMローミングには非対応となる。

D705iの主なスペック
機種名 D705i
サイズ(幅×高さ×厚さ) 49×110×15.5ミリ
重さ 約120グラム
連続通話時間 約220分(テレビ電話:約130分)
連続待受時間 約650時間(静止時)
アウトカメラ 有効約130万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSD(別売)
メインディスプレイ 約3.0インチワイドQVGA(240×400ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ
ボディカラー ローズピンク、ピュアブラック、パールホワイト
主な機能 国際ローミング(3G)、iチャネル、おサイフケータイ、2in1、マチキャラ、きせかえツール、着うたフル、うた・ホーダイ ほか

“amadana”コラボのハイスピードモデル――「N705i」


 N705iは、リアル・フリートが展開するデザイン家電ブランド「amadana」とのコラボレーションモデル。ボディデザインは、amadanaのプロダクトデザインやクリエイティブディレクションを担当する鄭秀和氏、プリセットコンテンツのサウンドはテイ・トウワ氏、グラフィックは「タイクーングラフィックス」が担当し、外観も内蔵コンテンツもamadanaの世界観で統一されている。

 ボディは折りたたみスタイルで、メインディスプレイにはワイドQVGA(240×427ピクセル)表示対応の3インチ液晶、背面には大きな1.6インチのサブディスプレイを搭載。このサブディスプレイは常時点灯でき、世界時計など多彩な情報を表示できる。

 FOMAハイスピード、国際ローミング(3G/GSM)、おサイフケータイなど、90xiシリーズ並みの多彩な機能を搭載。録画機能には未対応ながらワンセグ機能も備え、ワンセグ用アンテナをボディに内蔵している。また、音楽は着うたフルに加え、WMA、SD-Audioにも対応した。

「N705i」の主なスペック
機種名 N705i
サイズ(幅×高さ×厚さ) 49×104×14.5ミリ
重さ 約105グラム
連続通話時間 3G:約220分(テレビ電話:約100分)、GSM:約190分
連続待受時間 約580時間(静止時)、約290時間(GSM/静止時)
アウトカメラ 有効約200万画素CMOS
インカメラ 有効約33万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売)
メインディスプレイ 約3.0インチワイドQVGA(240×427ピクセル)モバイルシャインビュー液晶
サブディスプレイ 約1.6インチモノクロSTN液晶 1色
ボディカラー amadana white、ultimate orange、amadana black、brownish wood(限定モデル)
主な機能 FOMAハイスピード、国際ローミング(3G/GSM)、iチャネル、おサイフケータイ、ワンセグ(録画機能なし)、WMA、SD-Audio ほか



新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー