第1回 7月11日、未来を買ってきた「WILLCOM D4」ロードテスト(3/3 ページ)

» 2008年07月19日 01時37分 公開
[坪山博貴,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
photo ディスプレイの明るさは10%に。詳細設定を利用すると1%単位で設定できる。このくらいでも実用性は十分と判断した

 もう1つ気になるのはバッテリー駆動時間。無線LAN利用時の実測値を計測してみた。

 IEEE 802.11gで無線LAN接続し、タブブラウザ「Donut Rapt」でITmediaのトップページ、+D Mobile、+D LifeStyle、+D PCUSERの4サイトを同時に、かつそれぞれ30秒間隔でリロードするように設定して30分動作させた。リロード間隔はバラバラで、HDDはほぼ絶え間なくアクセスが発生している状況。なお、ブラウザ利用では必要十分と判断したので電源プランは「省電力」を選択し、ディスプレイはそもそも結構明るいので10%に設定。筆者が外出時にバッテリー駆動用として“常時使う”電源設定ということになろう。

 30分経過後のバッテリー残量は46%/残稼働時間は26分。ここからバッテリー残量5%まで使用した時の合計動作時間は約53分だった。

 もちろん、長くはない。これから届くであろう大容量バッテリーは標準の3倍の容量があるので、同じ使い方で単純計算すると2時間半以上という感じか。まぁこれでも決して長くはないのだが、筆者はWILLCOM D4を使い始めてから、「それでもいいかな」とも思い始めている。なぜなら、ケータイのフルブラウザやWindows Mobile搭載スマートフォン端末を利用した場合と比べると、圧倒的に情報を引出すために必要な労力や手間が少なく、短時間ですむことが分かったからだ。

photophoto バッテリーベンチ前(左)とバッテリーチェック30分後(右)のYbInfoの画面。バッテリー残量から逆算すると残り26分というのははだいたい正しい。なお、購入直後に「YbInfo」で調べたフル状態は6500mAhを超えていたはずなのだが、すでに6386mAHまで満タン容量が減っているのが気になったりしている

 さて、WILLCOM D4を一般的なノートPCやUMPCと比較すると、確かに突っ込みどころ満載だ。決して長くはないバッテリー駆動時間、中途半端なPHSとしての機能など、否定したくなるネタを引っ張り出すのも容易ではある。

 しかし実際に手にしてみると、このサイズと重量でフル機能のWindowsが動作するメリットもしっかりと感じるのである。否定するのもまずは「愛少女ポリアンナ」のように“よかった探し”をしてみてからでも遅くはないかなと思っていたりする。

 さて、次回はなにを試そうか。

(続く)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  8. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー