ニュース
» 2009年02月10日 13時30分 公開

iPhoneアプリ動画アワード 最優秀賞発表!(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

優秀賞「賞金5万円」

・my Life as Music (with RJDJ)


 優秀賞は、ガジェットダイスキさんの「my Life as Music (with RJDJ)」。この作品は、最優秀賞と最後まで争ったクオリティの高い作品。惜しくも優秀賞となってしまったが、審査員からは「カット割りがうまい」「わざと荒い映像を使い、さまざまにコラージュしているなど、表現手法がすばらしい」「アプリの世界が表現できている」「長さを感じさせないストーリー性がいい」と絶賛の声が多かった。



・Happy new year 2009!!


 年明けすぐのタイミングで投稿してくださったRyussyさんの「Happy new year 2009!!」は、映像だけ見るとBannerの紹介のようだが、実はBGMを複数のアプリで作っているということが最後に分かる。比較的早い時期に投稿してくださった作品であり、それまで複数アプリを組み合わせた作品はあまりなかったため、注目度が高かった。審査員からは「初日の出の映像をこのために使ってくれたのがよかった」という声も挙がった。

 Ryussyさんからはこんなコメントをいただいている。

「この度は、このような賞を頂きとても感謝しています。想像してなかったのでほんとにびっくりしてます。「iPhone」は未だ未知数の携帯デバイス。みんなで一緒に新しい未来を作りましょう! 最後に、この機会をくれた「ITmedia」さんと「zoome」さんに最大の敬意を。それから私の動画を見てくださった方々に最大の感謝を! ほんとにありがとうございましたっ!」


最優秀賞「賞金10万円+13インチMacBook」

・トレジャーハンターI


 最優秀賞は、androidさんの「トレジャーハンターI」に決定した。この作品は、「ジオキャッシング」という、まだあまり知られていないリアル世界のゲームに参加できるiPhoneアプリを紹介したもの。審査員のほとんどはジオキャッシングという遊び自体を知らず、新たな“出会い”を演出してくれた点が高い評価を集めた。androidさんのトレジャーハンターは、このIだけでなく、「II」と「III」も投稿されている。実際にiPhoneを持って雪山や街中、郊外などさまざまな場所にロケに行っていたり、映像のカット割りが美しかったりする点も好評だった。


 以上、iPhoneアプリ動画アワードの受賞作品13作品を紹介したが、いかがだっただろうか。iPhone向けにはすでに1万5000タイトルを超えるアプリがリリースされており、その数は日に日に増えている。人気の定番アプリを活用するだけでも面白いが、見たこともないアプリや、実はすごい機能を持っているのにあまり知られていないアプリなども、きっとたくさんあるに違いない。そんなアプリを見付けたら、これからもぜひzoome App Townに紹介映像を投稿してほしい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー