コラム
» 2010年01月16日 15時51分 公開

杉山淳一の +R Style:第24鉄 位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(出発進行編) (4/5)

[杉山淳一,Business Media 誠]

なんと、130円のきっぷで特急電車に乗っちゃった!

 館山で湘南色の113系とお別れした。乗り継ぐ列車は横須賀色の113系、普通列車の安房鴨川行きだ。約3分の待ち合わせで効率が良い。ここから線路は内陸に入り、房総半島を横断する。太平洋側の千倉駅までの距離は10.7km。千倉でも位置登録して9プラを加算した。短い距離だが、ここを登録すると次の勝浦で位置登録の効率が良い。千倉から先はほとんど海沿い。午前中の太陽に照らされ、海からの反射も眩しい。冬至を過ぎたばかりだが、ガラガラの車内は小春どころか初夏の暖かさ。眩しくて目を閉じれば、徹夜がたたって眠くなるという心地よさ。くどいようだが、こんなのんびりした旅が130円である。

09:39 安房鴨川駅

 安房鴨川駅からの乗り継ぎは6分。次の普通列車、9時39分発はピカピカの特急用車両255系である。なんという贅沢。実はこの列車、東京行きの特急「わかしお10号」なのだ。しかし特急運転となるのは勝浦からで、ここ安房鴨川駅から勝浦までは普通列車として運行している。車両の効率的な運用や、房総半島末端の列車本数の少なさを補うための処置らしい。255系は「房総ビューエクスプレス」という愛称があり、窓が大きい。椅子だってリクライニングシート。肘掛けからテーブルも出てくる。こんな電車に130円で乗れるとは……大回り旅行っておトクで楽しい。病みつきになりそうだ。年金暮らしになったら毎週やってしまいそうである。どうせ僕らは年金額も少ないだろうし……。

安房鴨川発の普通列車は特急用車両。勝浦から特急として走る。リクライニングシートに大きな窓。なんて贅沢な普通列車だろう

 あまりの心地よさに眠くて仕方ない。そこで眠気さましに、2つ目の駅弁に手を出した。今度は「トンかつ弁当」だ。パックの表面がカツで埋められているが、実は肉がサンドイッチのハム並に薄い。道理で480円と格安なわけだ。しかし、これがなぜか美味い。ご飯に味が染みている。カツライスだと思うと悲しくなるが、豪華なふりかけご飯だと思えばおトクな逸品(笑)。

480円のトンかつ弁当。つくだ煮とタケノコの煮物も美味い

10:08 勝浦駅

 勝浦駅で255系を降りた。ここで特急列車に変身するからだ。実は、130円の大回り乗車でも特急券を購入すれば特急列車に乗れる。だからこのまま特急料金を払って大網まで行ってもいい。ただし、スケジュールを作っているときに、このあとの普通列車に乗っても途中で同じ列車に追いついてしまうと解った。それなら「130円」という金額にこだわろう。勝浦からは再び横須賀色の113系で大網へ。車窓から海が遠ざかったせいか気が抜けた。景色を見なくちゃもったいないと思いつつ、居眠りしながらの旅となる。

さんさんと降り注ぐ太陽。ついつい眠くなってしまう……(左)。勝浦駅で特急電車とお別れ。つかの間の幸せだった(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう