ニュース
» 2011年08月01日 14時33分 公開

携帯販売ランキング(7月18日〜7月24日):ドコモの「Xperia acro」の人気止まらず 一方でイー・モバイルの意外な端末も (1/4)

「Xperia arc」の兄弟機としておサイフケータイなどの日本向け機能を搭載したドコモの「Xperia acro SO-02C」がキャリア総合首位を3週連続で獲得。一方で今回はイー・モバイルの“フィーチャーフォン”もトップ10に入ってきた。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2011年7月18日〜2011年7月24日
順位前回順位キャリアモデル
1位1NTTドコモXperia acro SO-02C
2位2NTTドコモGALAXY S II SC-02C
3位3ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)
4位6NTTドコモMEDIAS WP N-06C
5位4auINFOBAR A01
6位7ソフトバンクモバイルiPhone 4(32Gバイト)
7位8NTTドコモP-07B
8位13イー・モバイルH11T
9位9auXperia acro IS11S
10位10NTTドコモAQUOS PHONE SH-12C

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「Xperia acro SO-02C」

 携帯販売ランキングのキャリア総合では、NTTドコモのAndroid端末「Xperia acro SO-02C」の人気が続いている。登場以来首位の座を譲らず、今回で3週連続での首位獲得となった。2位の「GALAXY S II SC-02C」もXperia acroと同様にグローバルブランドの端末として引き続き人気を集めているが、Xperia acroはなんといってもおサイフケータイや赤外線、ワンセグといった日本向け機能を多く採用しているのが魅力だ(GALAXY S IIも日本向け機能としてワンセグを搭載している)。

 KDDIのAndroid端末「INFOBAR A01」は、1つ順位を落とし5位にランクイン。さらに、同じくKDDIの「Xperia acro IS11S」は9位と、ドコモのXperia acroと比較すると目立っていない状況だ。前回初登場5位の「G'zOne IS11CA」はトップ10圏外となってしまった。

 フィーチャーフォンの順位に目を向けると、イー・モバイルの折りたたみ型端末「H11T」が8位にランクインしている。同モデルは現在、データ端末の契約で基本料などが無料になるキャンペーンの対象になっており、これが人気を後押ししていると思われる。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう