ニュース
» 2004年06月22日 15時10分 公開

マックストア、Serial ATA II機能搭載HDDを第3四半期に出荷

日本マックストアは、ネイティブコマンドキューイングやホットプラグなどのSerial ATA II機能を搭載したSerial ATA HDDを2004年第3四半期より量産出荷開始すると発表した。

[ITmedia]

 日本マックストアは、Serial ATA II機能を搭載したSerial ATAネイティブ対応HDD「MaXLine III」を2004年第3四半期より量産出荷を開始すると発表した。ディスク回転速度は7200rpmで、250Gバイトと300Gバイトの2モデルがある。価格はオープン。

「MaXLine III」はSerial ATA 1.0の仕様を拡張したSerial ATA II機能を搭載する

 MaXLine IIIは、コマンドを効率的に処理するために最大32コマンドまで再序列化できるネイティブコマンドキューイング(NCQ)やホットプラグ、非同期シグナルリカバリーなど、Serial ATA 1.0の仕様を拡張したSerial ATA II機能を搭載する。バッファー容量も増やされ、16Mバイトを装備している。

 なお同社では、Serial ATA対応モデルに続いて、Ultra ATA/133対応モデルも出荷する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう