ニュース
» 2004年07月28日 18時21分 公開

富士写、コンパクトデジカメ「FinePix F810」「FinePix E550/510」を発表(1/2 ページ)

富士写真フイルムは7月28日、スーパーCCDハニカムIV HRを採用した有効画素数630万画素の「FinePix F810」「FinePix E550」、正方画素CCD520万画素で28ミリの広角に対応する「FinePix E510」など3機種を発表した。

[ITmedia]

2.1インチの大型モニタを採用した光学4倍ズーム機「FinePix F810」

 FinePix F810は、すでに発売されている「FinePix F710」の上位モデル。スーパーCCDハニカムIV HRを採用し、有効画素数630万画素、最大記録画素数は1230万画素(4048×3040)となるコンパクトデジカメ。35ミリフィルム換算で32.5〜130ミリ相当の領域をカバーする、フジノン光学式4倍ズームレンズを搭載するほか、FinePix F710と同様に2.1インチ/約17.3万画素の大型ワイド液晶モニターを装備する。

FinePix F810

 撮影機能としては、10ポジションモードダイヤルを備えるほか、音声付き動画撮影や、CCD RAWモードでの撮影が可能。PictBridgeおよびPRINT Image MatchingIIに対応する。ISO感度はISO80〜ISO800まで利用できる。

 発売は8月上旬より。オープンプライスで、店頭予想価格は5万8000円前後。FinePix F810のおもなスペックは以下の通り。

製品名FinePix F810
有効画素数630万画素
撮像素子1/1.7インチスーパーCCDハニカムIV HR原色フィルター。総画素数663万画素
記録メディアxD-ピクチャーカード
記録方式静止画DCF準拠 圧縮:Exif Ver2.2、JPEG準拠/DPOF対応、非圧縮:CCD RAW
動画DCF準拠(AVI方式、MotionJPEG)
音声WAVE形式、モノラル
最大記録画素数4048×3040ピクセル
レンズフジノン光学式4倍ズームレンズ
焦点距離f=7.2〜28.8ミリ(35ミリフィルム換算:STD時32.5〜130ミリ相当、WIDE時:35.5〜142ミリ相当)
絞りF2.8〜F8(10段) 1/3EVステップ
撮影可能範囲標準:約60センチ〜∞、マクロ:約7.5センチ〜80センチ(広角端のみ)
撮影感度AUTO/ISO80/100/200/400/800相当
露出制御プログラムAE/シャッター優先AE/絞り優先AE/マニュアル露出
シーンポジション人物、風景、スポーツ、夜景
シャッタースピード3〜1/2000秒
連写連写:最短約0.3秒間隔で、連続4コマまで、サイクル連写:最短約0.3秒間隔で、シャッターを離した直前の4コマまで、MEGA連写:最短0.6秒間隔で連続40コマまで
ホワイトバランスオート、プリセット(カスタム/晴天/日陰/昼光色蛍光灯/昼白色蛍光灯/白色蛍光灯/電球)
液晶モニタ2.1インチ微反射型低温ポリシリコンTFTカラーワイド液晶。約17.3万画素
動画STD:640×480ピクセル/320×240ピクセル、WIDE:640×360ピクセル/320×184ピクセル、30fps、音声付き。最長で標準記録時間まで連続記録可。撮影中のズームは不可
電源リチウムイオンバッテリーNP-40付属
バッテリー寿命約115枚(CIPA規格による)
サイズ109.5(幅)×54.0(高さ)×28.9(奥行き)ミリ(突起部含まず)
重量約200グラム(バッテリー、xD-ピクチャーカード含まず)

28ミリの広角に対応する「FinePix E510」と、光学式4倍ズームレンズを持つ「FinePix E550」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.