ニュース
» 2004年09月30日 18時00分 公開

サンディスク、高速タイプのプロ向けCF、SD、メモリースティック発売

サンディスクは、転送速度20Mバイト/秒となるCFカードとSDメモリカード、18Mバイト/秒となるメモリースティックPROがラインアップされる高速タイプのプロ向けメモリーカード「SanDisk Extreme III」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 サンディスクはこのほど、転送速度20Mバイト/秒となるCFカードとSDメモリカード、18Mバイト/秒となるメモリースティックPROがラインアップされる高速タイプのプロ向けメモリーカード「SanDisk Extreme III」シリーズを発表した。10月から11月にかけて欧米にて発売を開始、日本国内では年内の発売を予定しているという。

photo SanDisk Extreme IIIシリーズ

 SanDisk Extreme IIIは、従来製品SanDisk Extreme IIおよびSanDisk Ultra IIと比較し、約2倍のパフォーマンスを発揮するとし、1Gバイトから4Gバイトまで3種類がラインアップされる。動作保障温度範囲はマイナス25度から85度までをカバーし、誤って消失したデータを復旧できるユーティリティソフト「Rescue PRO」などが付属する。

 サンディスク製メモリカードは今回の発表により、高速転送タイプのSanDisk Extreme IIIがプロフェッショナル向け、大容量シリーズもあるSanDisk Extreme II/SanDisk Ultra IIがプロシューマ向け、そして一般ユーザー向け(通称ブルーラベル)の3種類がラインアップされることになる。Extremeシリーズは今まで、Extreme IIとUltra IIの性能が同じであるため国内での販売は行われていなかったが、性能が向上したExtreme IIIの登場により、新たに国内でExtremeシリーズの販売を開始するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう