ニュース
» 2004年12月14日 18時29分 公開

Webカメラ:カメラサーバと赤外線ライト搭載35万画素Webカメラ発売――インテリジェントウェイブ

インテリジェント ウェイブは、Webサーバ機能内蔵のネットワークカメラサーバと、赤外線ライト搭載の35万画素Webカメラの2製品を12月5日より発売する。価格はオープン。

[ITmedia]

 インテリジェント ウェイブは、Webサーバ機能内蔵した小型ネットワークカメラサーバ「iCAMView(アイキャンビュー)」と、赤外線ライトを搭載した35万画素Webカメラ「iQcam(アイキューカム)」の2製品を12月15日より発売する。価格はいずれもオープンプライス。

 iCAMViewは、PCを経由なしで、スタンドアロンでUSBカメラを稼動させることができる小型のネットワークカメラサーバ。USBポートを2基備え、最大で2台のUSBカメラを接続することが可能となっている。

 今回の販売では専用のUSBカメラとのセットモデルとして、赤外線ライトを搭載する固定式Webカメラが付属する「iCV-01」と、可動式カメラが付属する「iCV-02」の2種類が販売される(増設用カメラおよび屋外設置専用カメラも順次取り扱い予定)。

 本体は32ビット RISCチップCPUを搭載、100BASE-TXポートを1基搭載し、単体でネットワークへの映像配信を行うことができる。モニタリングはWebブラウザから操作する。本体サイズは48(幅)×63(奥行き)×21(高さ)ミリ。

 iQcamは、赤外線ライトを搭載するUSB接続タイプの35万画素Webカメラ。本体には高感度マイクを内蔵する。対応OSはWindows XP/2000 Professional。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう