ニュース
» 2005年05月23日 14時13分 公開

フォーカル、コンパクトなFireWireオーディオインタフェース「HarmonyAudio」

フォーカルポイントコンピュータは、FireWireオーディオインタフェース「HarmonyAudio」を発売。楽器やアナログ音源を、GaragebandやLogicAudioなどのCore Audio対応アプリケーションで録音できる。

[ITmedia]

 フォーカルポイントコンピュータは、FireWire接続の外付けオーディオインタフェース「HarmonyAudio」を6月に発売する。同社オンラインショップ「Focal Store」価格は4万4800円。

 HarmonyAudioは、楽器やアナログ音源を、GaragebandやLogicAudio、LogicExpressなどのCore Audio対応アプリケーションで録音できるもの。24bit/96kHz対応の2系統のラインレベル入力、8系統のラインレベル出力に対応する。デジタイズ時のクリッピングを防止し、忠実な変換を行う、Miglia TechnologyのSoftClip技術を採用した。

 プラグアンドプレイに対応しており、ドライバソフトのインストールは不要だ。また電源は6ピンFireWire経由で供給するため、別途ACアダプタなどの外部電源は必要ない。本体サイズは約220(幅)×38(高さ)×110(奥行き)ミリ、重量約490グラム。対応OSはMac OS X v10.3.5以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう