ニュース
» 2005年05月24日 17時03分 公開

東芝、重量1.9キロで2300ルーメン実現モデルなどオフィス向けデータプロジェクタ

東芝は、2300ルーメンの輝度を実現するオフィス向けデータプロジェクタなど、データプロジェクタ計3製品を発表した。

[ITmedia]

 東芝は、2300ルーメンの輝度を実現するオフィス向けデータプロジェクタ「TDP-P75(J)」、重量1キロで輝度1500ルーメンのデータプロジェクタ「TDP-P8(J)」、0.55インチDMDパネルを採用するデータプロジェクタ「TDP-T40(J)」の計3製品を発表した、5月27日より順次発売する。価格はTDP-P75(J)が36万5400円、TDP-P8(J)が31万2900円、TDP-T40(J)が27万900円(いずれも税込み)。

photo TDP-P75(J)

 TDP-P75(J)は、0.7インチDMDパネルを搭載し、1024×768ドット(XGA)表示に対応するデータプロジェクタ。輝度は2300ルーメン、コントラスト比は2000:1となっている。

 上下角度の異なる位置からの映写による台形歪みを補正する「オートキーストン機能」を搭載。本体内に1ワット出力のモノラルスピーカーを内蔵する。インタフェースとしてアナログD-sub入力×1、S-Video入力×1、コンポジット入力×1、アナログD-sub出力×1を備える。

 本体サイズは245(幅)×183(奥行き)×86(高さ)ミリ、重量は1.9キロ。

photo TDP-T40(J)

 TDP-T40(J)は、0.55インチDMDパネルを搭載し、1024×768ドット(XGA)表示に対応する、スタンダードモデルのデータプロジェクタ。輝度は1600ルーメン、コントラスト比は1000:1となっている。

 本体内に1ワット出力のモノラルスピーカーを内蔵。インタフェースとしてアナログD-sub入力×2、S-Video入力×1、コンポジット入力×1、アナログD-sub出力×1を備える。

 本体サイズは285(幅)×254(奥行き)×98(高さ)ミリ、重量は3キロ。

photo TDP-P8(J)

 TDP-P8(J)は、本体サイズ200(幅)×154.2 (奥行き)×75.3(高さ)ミリ、重量1キロのコンパクトデータプロジェクタで、1024×768ドット(XGA)表示に対応する。輝度は1500ルーメン、コントラスト比は2100:1となっている。

自動台形歪み補正機能を搭載。インタフェースとしてアナログD-sub入力×1を備えるほか、マウスコントロール用のUSB端子を装備している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう