ニュース
» 2005年05月27日 17時44分 公開

日本HP、デュアルコアPentium対応パーソナルWS

日本ヒューレット・パッカードは、デュアルコアCPUとなるPentium D 840などを搭載可能なパーソナルWS「HP xw4300 Workstation」を発表した。BTOによるカスタマイズに対応、価格は17万4300円より。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは5月27日、Pentium D 840などを搭載可能なパーソナルWS「HP xw4300 Workstation」を発表、6月上旬より発売する。BTOによるカスタマイズに対応、価格は17万4300円より。

 HP xw4300 Workstationは、マザーボードにIntel 955X Expressチップセット搭載製品を採用するデスクトップWSで、カスタマイズによりCPUをPentium 4 630(3GHz)/同 650(3.4GHz)/同 670(3.8GHz)およびPentium D 840(3.2GHz)から選択できる(Penitum 4 670 搭載製品は6月、同 630搭載製品は8月提供予定)。

 メモリはPC2-4300 DDR SDRAMを512Mバイト〜4Gバイト(8月上旬発売予定の2Gバイトモジュール使用により最大8Gバイト)、HDDはSerial ATA II 80Gバイト/160GバイトおよびUltra320 SCSI 36Gバイト/73Gバイトなどを搭載可能。オンボードでRAID構成にも対応しており、RAID 0/1/5/10をサポートする。光学ドライブはCD−ROMドライブ/DVD-ROMドライブ/CD-RWドライブ/DVDコンボドライブ/2層メディア対応DVD±RWドライブを選択できる。

 グラフィックスカードはQuadro NVS 280、Quadro FX 540、同 FX 1400、同 FX 3400を搭載可能としているほか、グラフィックスカード未搭載モデルの提供も可能となっている。

 筐体は、工具不要で内部にアクセス可能なツールレス筐体を採用。ドライブベイは5インチ×3、3.5インチシャドー×2が利用可能となっている。

 本体サイズは168(幅)×456(奥行き)×450(高さ)ミリ、重量は約16キロ(標準構成時)。

 HP xw4300 Workstationの構成例と価格は以下の通り。

製品名HP xw4300 Workstation 最小構成例HP xw4300 Workstation 推奨構成例
CPUPentium4 650(3.4GHz)Pentium4 840(3.2GHz) プロセッサ
マザーボードIntel 955X Expressチップセット搭載製品
メモリ(最大)PC2-4300 DDR2 SDRAM 512Mバイト(4Gバイト)PC2-4300 ECC DDR2 SDRAM 1Gバイト(4Gバイト)
HDDSerial ATA II 80GバイトSerial ATA/150 74Gバイト
グラフィックス-NVIDIA Quadro FX 1400
通信10/100/1000BASE-T
主なインタフェースUSB2.0×8、IEEE1394×3、PS/2×2、シリアル、パラレル、ライン入力×1、ライン出力×1、マイク入力×1
本体サイズ168(幅)×456(奥行き)×450(高さ)ミリ
重量約16キロ(標準構成時)
価格(税込み)17万4300円29万7150円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう