Special
» 2005年09月06日 14時00分 公開

モバイルとエンターテインメントを高い次元で両立したB5ワイドノート──LaVie GタイプA (1/4)

「モバイルしたい」、「でもテレビも楽しみたい」──。そんな欲張りなニーズに対応できるB5ワイドノートが誕生した。NEC Direct限定で販売されるオリジナルカラーの「カシスレッド」は、深みのあるその色調で、それを携える人のセンスを代弁する。「LaVie GタイプA」をリポートしよう。

[小川夏樹,ITmedia]
img01

 NECが秋商戦に向けてVALUESTARシリーズとLavieシリーズのラインアップ強化を行った。今回紹介する「LaVie GタイプA」(以下、タイプA)は、同社オンラインショッピングサイト「NEC Direct」専用のモデルである。前モデルの「LaVie GタイプN」(以下、タイプN)はモバイル性とエンターテインメントの両立を強く意識したモデルであったが、タイプAへのモデルチェンジでどのように進化したのかを見ていこう。

 なお、試用したのは製品前の試作機のため、製品モデルとは異なる可能性があることをお断りしておく。


NEC Direct限定のオリジナルカラーモデルを用意

 試用したタイプAは、ワイヤレスTVチューナボックス「AirTV」をBTOメニューで選択したAirTVセットモデルである。

 従来モデルのタイプNは、WXGA(1280×768ドット)表示対応の12.1インチワイドスーパーシャインビュー液晶と、DVD+R 2層書き込みに対応したスロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブを搭載したB5ワイドサイズの2スピンドルノートで、スタイリッシュな充電機能付きスタンドが付属しており、軽快さとエンターテインメントを両立させたモデルとして人気があった。本体カラーは「フロスティパールホワイト」と、NEC Directオリジナルカラーの「ミスティブルーブラック」が用意されていた。

 タイプNは女性層にも人気を博したモデルであり、それを意識してか、タイプAでは「ブルームーン」に加えて、男性にも女性にもフィットする「カシスレッド」というNEC Directオリジナルカラーが選択できるようになっている。


本体の正面写真 「LaVie GタイプA」は「LaVie GタイプN」の良い部分を踏襲しつつ、細部のブラッシュアップと機能強化によって製品の魅力を高めている。本体色はNEC Directオリジナルカラーの「カシスレッド」で、男性、女性を問わずフィットするだろう
ディスプレイを閉じた斜め写真 天板はシルバーがメインで、液晶ディスプレイを閉じるとカシスレッドの部分が少なくなり、印象が大きく変わる

 本体の重量は、DVDスーパーマルチドライブを取り外して「専用拡張ベイカバー」を搭載すると、約1.6キロと持ち運びが十分可能な重さになる。自宅ではDVDスーパーマルチドライブを搭載してAV機能を楽しみ、外出時にはドライブを外してモバイルノートとして使うといった使い分けが可能なのである。

ブラッシュアップと機能強化でより魅力的なノートへと進化

AirTVモデルのセット内容 レビューで試用したAirTVセットモデルには、ワイヤレスTVチューナボックス「AirTV」、Bluetooth対応ワイヤレスマウス、各種操作が可能なAVリモコンが付属していた。充電機能付きスタンドも、一体型デスクトップと同じ40ミリ径の大口径ステレオスピーカーを搭載する「ミュージックスタンド」へと進化している(ミュージックスタンドは全モデルに標準付属)。

 タイプAは、タイプNの良い部分を踏襲しつつ、さらなるブラッシュアップと機能強化が施されている。ディスプレイはタイプNと同様にWXGA表示対応の12.1インチワイドスーパーシャインビュー液晶だが、DVDスーパーマルチドライブは着脱可能な拡張ベイ方式に変更された。

 店頭モデルのCPUは上位/下位モデルともに超低電圧版(Ultra Low Voltage:ULV)のPentium M 753(1.20GHz)だが、NEC DirectモデルではCeleron M 383(1GHz)も選択可能で、予算に合わせてカスタマイズできるように配慮されている。スロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブはDVD±R 2層対応へと進化し、さらに無線LANのアクセスポイントにもなるワイヤレスTVチューナボックス、AirTVの新型もBTOで選択できる。

 これにバッテリの充電が可能なスピーカースタンド「ミュージックスタンド」と各種操作が可能なAVリモコンが付属しており、これ1台でモバイル用途から音楽/DVDビデオの再生、テレビの視聴、録画までを楽しむことが可能なパッケージになっているのだ。

 タイプAのHDD容量は、BTOで最大容量を選択すると、セカンドHDDを含めて220Gバイトになる。B5ノートでこれだけの容量が確保できるのは驚きだ。自宅で録画した番組を外出先で楽しむなどといった芸当も楽々とこなせるだろう。また、DVDスーパーマルチドライブを使い録画した番組をDVDメディアにライティングすることも可能なので、HDDレコーダ代わりに利用するといった用途にも余裕で対応できる。




NEC Direct 最新情報

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう