ニュース
» 2005年09月12日 12時10分 公開

MS、MCE専用の薄型ワイヤレスキーボード

マイクロソフトは、ワイヤレスキーボード/ワイヤレスポインタ/リモコン機能を一体化させたMCE専用キーボードを9月30日より発売する。価格は1万2380円。

[ITmedia]

 マイクロソフトは9月12日、Windows XP Media Center Edition専用のコンパクト薄型キーボード「Remote Keyboard for Windows XP Media Center Edition」を発表、9月30日より発売する。価格は1万2380円(税別)。

photo Remote Keyboard for Windows XP Media Center Edition(ZV1-00024)

 Remote Keyboardは、ワイヤレスキーボード/ワイヤレスポインタ/リモコン機能を一体化させたWindows XP Media Center Edition(以下、MCE)専用のコンパクト・薄型ワイヤレスキーボード。

 MCEを操作するにあたる各機能を本機1台に集約させ、かつ高さ約32ミリとする薄型設計が特徴で、TV視聴・録画・ガイド表示・方向キーなどMCE専用ボタンのほか、再生・停止・早送り・巻き戻し・音量調整といったメディア操作用キー、ポイントスティックなどが配置される。各キーには室内照明が消えていても操作が可能なよう、バックライトが備わる。

photo 厚さ32ミリの薄型設計となっている
photo TV操作キー/ポイントスティックなどを備える

 赤外線ワイヤレス方式が採用され、最大伝達距離は約10メートル。レシーバーにはMCE用のものが別途必要となる。

 対応OSは、Windows XP Media Center Edition 2005以降。MCE用レシーバと、「eHome Infrared Receiver for Windows XP Media Center Edition」の更新プログラム ロールアップ1以降の適用が必要。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう