ニュース
» 2005年09月21日 15時14分 公開

アイ・オー、USBメモリの新規格「U3」採用製品開発に着手

アイ・オー・データ機器は、U3社が提唱するUSBメモリ新規格「U3プラットフォーム」準拠製品の開発着手を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は9月21日、U3社が提唱するUSBメモリ新規格「U3プラットフォーム」準拠製品の開発着手を発表した。

 U3プラットフォームは、USBメモリのハードウェアとアプリケーションソフトの統一規格で、U3社ではU3プラットフォーム対応USBメモリとなる「U3 スマートドライブ」の仕様を開発者向けに公開している。

 U3 スマートドライブは個人の環境設定やデータの安全な保存が可能となっているほか、U3プラットフォーム対応アプリケーションとなる「U3 スマートソフトウェア」をUSBメモリにインストールすることによりアプリケーションの持ち運びに対応、使用するPCを選ばずに利用することが可能となる。

 アイ・オー・データ機器では、U3プラットフォーム対応製品を2006年の第1四半期に向けて製品化する予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう