5分で分かった気になる、9月のアキバ事情2005年9月(3/4 ページ)

» 2005年10月03日 09時25分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

デスクトップ向けPentium Mマザーが立て続けに登場

 9日に発売が始まったMSI製Pentium M対応マザー「915GM Speedster-FA4(関連記事参照)や、18、19日に開催された日本AMD主催のイベント「Custom PC Festival 2005 in AKIHABARA」に展示されたTurion 64対応マザーなど、9月はノート向けCPUをデスクトップ向けとして利用できる製品に触れる機会が多かった。

photo MSI「915GM Speedster-FA4」。発売した週の土曜日にはPentium Mをファンレスクーラーで動作させるデモイベントも開かれた

 最新のノート向けCPUは「デスクトップ向けとの間にあるパフォーマンス差の壁を超えようとしています」(高速電脳)と評価される通り、デスクトップ、つまりメインマシンに据えるのも総合的なスペックは見劣りしなくなってきている。複数のパーツメーカーが対応マザーを投入しはじめたのも、低消費電力性能というメリットに加えてシステムそのもの高性能化とも無関係ではない。

 AMDは「ほぼすべてのマザーボードメーカーに(Turion 64対応の)マザーを開発してもらえるよう呼びかけています」と話しており、新しく市場が拡大する好機と捉えているようだ。

photo AOpen製のTurion 64対応ATXマザー「vK8T800a-LF」。アキバでもまもなく登場すると噂される
photo 「Custom PC Festival 2005 in AKIHABARA」にデモ展示されていた、MSI製Turion 64対応microATXマザー「K8MM-V」。こちらも10月初旬にはアキバに出回る可能性が高い

 また定番の静音プラットフォーム、VIA EdenシリーズにデュアルCPU搭載モデル「VT-310DP」が追加され、大胆な性能アップが図られたモデルも登場した。VT-310DPを入荷した俺コンハウスは「静音だけでは今のユーザーは納得しなくなっています。逆に高性能なモデルは多少高価でも強い引きがありますね」と話す。

photo VIAのmini-ITXマザー「VT-310DP」。Eden-N/1GHzを2台オンボード搭載しており、最大2GバイトのDDR SDRAMを搭載できる

9月はNVIDIA陣営が楽勝ムード、まもなくATIがブレイクスルー?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー