ニュース
» 2005年10月26日 19時55分 公開

アイ・オー、カートリッジDVD-RAM対応の外付けスーパーマルチドライブ2モデル

アイ・オー・データ機器は、カートリッジDVD-RAMに対応するUSB外付けスーパーマルチドライブ「DVR-UM16CR」、およびUSB/IEEE1394両対応モデル「DVR-UEM16CR」の2製品を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は10月26日、カートリッジDVD-RAMに対応するUSB2.0外付けスーパーマルチドライブ「DVR-UM16CR」、およびUSB2.0/IEEE1394外付けスーパーマルチドライブ「DVR-UEM16CR」の2製品を発表、11月中旬より出荷する。価格はDVR-UM16CRが1万8900円、DVR-UEM16CRが2万1000円。

photo DVR-UEM16CR

 DVR-UM16CRおよびDVR-UEM16CRは、カートリッジDVD-RAMにも対応する外付けスーパーマルチドライブで、ドライブとしてパナソニック四国エレクトロニクス製「SW-9574」を採用。2層DVD±R 4倍速書き込み、1層DVD±R 16倍速書き込み、DVD+RW 8倍速書き換え、DVD-RW 6倍速書き換え、DVD-RAM 5倍速書き換えをサポートする。

 シルバーを基調とした新デザイン筐体を採用、イジェクトボタンを大型化するなど使い勝手の向上がなされている。

 添付ソフトとしては、パスワード保護機能付きライティングソフト「B's Recorder GOLD8 Security」、DVDオーサリングソフト「DVD MovieWriter 4 SE」、パケットライトソフト「B's CLiP6」などが付属する。

 本体サイズは170(幅)×270(奥行き)×50(高さ)ミリ(突起部除く)、重量は約1.9キロ(ACアダプタ除く)。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.