ニュース
» 2005年12月01日 17時18分 公開

アイ・オー、eSATA外付けHDD/eSATAインタフェースカードを発売

アイ・オー・データ機器は、eSATA/USB2.0接続対応の外付けHDD「HDC-UX」シリーズ、およびPCカードスロット/PCI接続対応eSATAインタフェースカード「CBESA」「ESA-PCI」を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は12月1日、eSATA/USB2.0接続対応の外付けHDD「HDC-UX」シリーズ、およびPCカードスロット/PCI接続対応eSATAインタフェースカード「CBESA」「ESA-PCI」を発表、12月下旬より出荷する。価格はHDC-UXシリーズが1万6800円から、CBESAおよびESA-PCIが4200円。

photo HDC-UXシリーズ

 HDC-UXシリーズは、外付けSerial ATA接続規格となるeSATA(External Serial ATA)接続、およびUSB2.0/1.1接続に両対応する外付けHDDで、eSATA接続時にはブータブルHDDとしても利用可能となっている。

 製品ラインアップは160Gバイトモデルの「HDC-UX160」、250Gバイトモデルの「HDC-UX250」、300Gバイトモデルの「HDC-UX300」を用意。また400Gバイトモデル、500Gバイトモデルも後日発売予定としている。

 付属品として、内蔵Serial ATAコネクタをeSATAにて外部接続可能とするブラケットが同梱。本体サイズは38(幅)×197(奥行き)×121(高さ)ミリ、重量は1.1キロ。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000 Professional/XP、MacOS 9.1以降/X 10.1〜10.4.2(USB接続時)。

 HDC-UXシリーズの価格は以下の通り。

製品型番容量価格
HDC-UX160160Gバイト1万6800円
HDC-UX250250Gバイト2万1000円
HDC-UX300300Gバイト2万6400円
photo CBESA(左)、ESA-PCI(右)

 CBESAおよびESA-PCIは、eSATAポートを2基備えるインタフェースカードで、CBESAはCardBus接続、ESA-PCIはPCI接続に対応する。

 ユーティリティソフト「SATAUnplug」が付属、デバイスのホットプラグに対応する。対応OSは双方ともWindows 2000 Professional(SP3以降)/XP(SP1以降)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう