ニュース
» 2005年12月28日 14時01分 公開

ロジテック、高速応答8msの19インチモデルなど液晶ディスプレイ2種

ロジテックは、RoHS指令準拠のアナログ接続対応15インチ/19インチ液晶ディスプレイ「LCM-T159A/S」「LCM-T192A/S」の計2製品を発表した。

[ITmedia]

 ロジテックは12月28日、RoHS指令に準拠する15インチ/19インチ液晶ディスプレイ「LCM-T159A/S」「LCM-T192A/S」を発表、12月下旬より発売する。価格はオープン、同社オンラインショップ「ロジテック ダイレクト」価格はLCM-T159A/Sが2万8800円、LCM-T192A/Sが3万9800円(双方税込み)。

photo LCM-T159A/S(左)、LCM-T192A/S(右)

 LCM-T159A/SおよびLCM-T192A/Sは、ともにインタフェースとしてアナログD-Sub×1を備えるアナログ入力対応モデルで、LCM-T159A/Sは1024×768ドット(XGA)表示対応15インチ液晶パネル、LCM-T192A/Sは1280×1024ドット(SXGA)表示対応19インチ液晶パネルを搭載。本体前面下部にステレオスピーカーを内蔵している。

 利用用途に応じてコントラスト/ブライトネスなどの設定をワンボタンで変更可能で、「ピクチャーモード」「テキストモード」の2種類を利用できる。

 表示スペックは、LCM-T159A/Sが応答速度16ms、輝度250カンデラ/平方メートル、コントラスト比450:1。LCM-T192A/Sが応答速度8ms、輝度280カンデラ/平方メートル、コントラスト比450:1となっている。

 本体サイズおよび重量は、LCM-T159A/Sが340(幅)×176(奥行き)×340(高さ)ミリ/2.6キロ(スタンド含む)、LCM-T192A/Sが418(幅)×210(奥行き)×439(高さ)ミリ/4.5キロ(スタンド含む)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう