ニュース
» 2006年01月04日 14時29分 公開

2006 International CES:2006年の米国家電市場は「成長するが鈍化」

「2006 International CES」を主催するCEA(米国家電協会)が、5日(米国時間)のスタートに先立って米国における家電市場の状況を報道陣に報告した。

[長浜和也,ITmedia]

 2005年の米国家電業界の売り上げは約1259億ドルに達し、2004年から2005年の成長率は11.3%となった。これは、その前の2003年から2004年の成長率10.2%を上回るもので、依然として米国の家電業界は好調である。しかし、CEAでは2005年から2006年の成長率を7.5%と低く予想している。

2005年の売り上げは2004年を上回る成長を見せた家電業界。しかし、2006年には伸びのペースが鈍化すると予測している

 デジタルCRT/リアプロテレビ、フラットパネルテレビが増加してアナログテレビは減少と、従来と同じ傾向を示している映像出力機器に対し、オーディオ機器ではいったん落ち着いていたポータブルプレーヤーが2005年第2四半期から増加する傾向を見せている。

テレビは従来同様、リアプロとフラットパネルが増加している。オーディオ機器はポータブルプレーヤーが絶好調。一方で車載プレーヤーは減少傾向にある

家電製品で売り上げが伸びたカテゴリーとその成長率のランキング。最も成長したのはポータブルMP3プレーヤーで、その成長率は224%と、2位の車載モニタ、3位のSDARSチューナーを大きく引き離している

 日本と同様、米国の家電製品でも「二極化」構造が進んでいる。

 2004年第2四半期から2005年第3四半期までの間に卸価格が8.6%上昇しているが、これは人気のあるカテゴリーの製品が従来の「ポータブルCDプレーヤー」「27インチCRTテレビ」「デスクトップPC」から、それぞれ「iPod」「27インチLCDテレビ」「ラップトップPC」に移行したのに伴って製品価格が上昇しているため。

 その一方で、普及が進んだ製品において製品価格が下落が進んでいる。この「人気製品の高額化」「定番製品の価格下落」が成長率の鈍化につながるものとCEAでは分析しているようだ。

家電製品の世代交代とその価格の変化。最新技術を取り入れた製品に代替わりするとその価格が上昇するのは自明の理である

その一方で一通り普及して成熟段階に入ったカテゴリーは量産化によって低価格化が進むことになる

米国家電業界の2005年における動向を説明してくれたのはCEAのシーン・ワーゴ氏(CEAインダストリーアナリストディレクター)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう