速報
» 2006年01月19日 14時28分 公開

9〜12月期の世界PC出荷、前年同期比17%の伸び――IDC調べ

調査会社IDCの発表によると、2005年9〜12月期の世界PC出荷台数は前年同期比で17.1%増の6110万台。ベンダー別出荷台数では、Dellが首位を堅持し、HPが2位、3位はIBMのPC事業を吸収したLenovoで7.2%となった。

[ITmedia]

 市場調査会社IDCは、2005年第4四半期(9〜12月)のPC出荷統計「Worldwide Quarterly PC Tracker」を発表した。全世界の出荷台数は前年同期比で17.1%増の6110万台。

 IDCのWorldwide Quarterly PC Tracker担当者であるローレン・ラバード氏は、「第2、第3四半期と比較するとわずかに増加は減じているが、金利上昇や燃料費の高騰、ユーロ下落、さらに別の阻害要因に直面しながらも市場は回復力を持っており、2006年のスタートとしてはよい位置につけた」と説明している。

 市場ではポータブルPCが好調で、米国のクライアント用PCの中では38%のシェアを占める。しかし、2006年から2007年にかけてMicrosoftのWindows Vista、Intel Viivが立ち上がってくるため、デスクトップ市場も期待できるとしている。日本市場はコンシューマー需要に支えられ、好調だったという。

 ベンダー別出荷台数では、Dellが前年同期の16.8%を17.2%へと増やし、首位を堅持。2位のHPは15.7%(前年同期は15.8%)、3位はIBMのPC事業を吸収したLenovoで7.2%。4位にAcer、5位に富士通/Fujitsu Siemensとなっている。こちらは日本での好調が寄与しているとIDCは説明している。

 また、2005年通期での米国での出荷台数では、1位Dell、2位HPまでは世界共通だが、3位にGatewayが、4位にApple Computer、5位に東芝が入っている。Appleは前年比32%の大幅増だが、Intelへのシフトを控えていたこともあり、第4四半期の伸び率はやや下げ気味だったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう