ニュース
» 2006年02月08日 19時16分 公開

カノープス、各種携帯プレーヤー対応の動画変換ソフト「なんでも換太郎」

カノープスは、iPod/PSP/プレイやんなどにて再生可能なフォーマットへも変換、カット編集などが行える動画ファイル変換ソフト「なんでも換太郎」ほか、動画・DVD取り扱い製品4種類を3月末より発売する。

[ITmedia]

 カノープスは2月8日、多機能動画ファイル変換、HDV・MPEG編集/DVD作成、ハードウェアMPEG-2/4エンジンなど、動画ファイル取り扱い・DVD作成などに対応する製品群を発表、3月上旬より発売する。

 ラインアップは、多数の動画ファイル変換に対応する「なんでも換太郎」、MPEGからHDVフォーマットに対応する動画編集・DVD作成ソフト「MPEGCraft 3 DVD」、ハードウェアMPEG-2/4エンコードが行える増設カード「なんでも換太郎対応 ハードウェアMPEG2・4エンジン」、ザウルス・W-ZERO3にて再生可能な動画形式へ変換できる「かんたん換太郎 for ZAURUS」の4製品。

 価格は以下の通り。

製品名価格発売日
なんでも換太郎オープン(予想実売価格:9800円)2006年3月上旬
MPEGCraft 3 DVD7000円(税別)
MPEGCraft 3 DVD アップグレード版3500円
なんでも換太郎対応 ハードウェアMPEG2・4エンジンオープン(予想実売価格:3万9800円)
かんたん換太郎 for ZAURUS1995円(税込み)

 なんでも換太郎は、同社が従来より発売していた「かんたん換太郎」シリーズの上位版製品という位置付けにて、「PC内の動画を、カット・編集し、携帯動画プレーヤーなどで再生する」ことをごく単純な操作で簡単に行える、多ファイル対応の動画ファイル変換ソフト。昨今の携帯動画プレーヤーにて再生可能なファイルに簡単に変換できることを特徴とする。

photo 動画ファイル読み込み・編集から、各種携帯動画プレーヤー用ムービーへの変換・転送を簡単に行えるよう、携帯動画プレーヤー用プロファイルがあらかじめ用意されている

 対応プレーヤーはiPodやPSP、プレイやん、PLAY-YAN micro、W-ZERO3、ザウルス SL-C3100、エプソンP-2000/4000など。これら用の出力設定があらかじめプリセットされる。

 対応入力フォーマットは、Codecインストール済みのWindows Media Playerで再生可能なMPEG-1/2/4、DivX Video、XviD、WMV、DV(AVI)。ほかHDVカメラからキャプチャーしたHDV、Canopus HQ(カノープスHQファイルで圧縮したAVIファイル)などハイビジョン素材の取り込みにも対応する。対応出力フォーマットはMPEG-1/2/4、SD-Video(松下電器製ソフトウェアCodec MediaArtistを使用)、DivX Cideo 5.2.1、WMV。対応OSは、Windows XP SP2以降/XP x64 Edition。

 MPEGCraft 3 DVDは、DVDカムからのファイルや既存MPEG2ファイルを、カット編集し、メニュー付きDVDを作成できるムービー編集・DVD作成ソフト。インタフェース変更による操作性の向上、DVDメニュー作成ウィザードの設置、ドルビーデジタル出力/HDVカメラ入出力対応、DVD-VR対応などが主な変更点となる。

photo カット編集やチャプターポイントの設定、DVDメニュー作成など、よく使う機能をより簡単に操作できるようになった

 対応出力フォーマットは、MPEG1/2、VOB、HDV(以上、映像)、MPEG-1 Audio Layer2、リニアPCM、ドルビーデジタル(以上、音声)。対応入力フォーマットは15MbpsまでのMPEG-1(システムストリーム)、MPEG-2(プログラムストリーム)、VOB、HDV(MPEG-2トランスポートストリーム)。ドルビーデジタル出力は5.1ch対応HDDカムやDVDレコーダーで記録したドルビーデジタル音声が扱える。

photo なんでも換太郎と連携することで、DivXやMPEG-4 SPなどへのファイル変換も行える

 対応出力メディアは、2層DVD±R、DVD±R、DVD±RW(DVD-RWへのDVD-VRモード記録含む)、DVD-RAM。対応OSは、Windows XP SP2以降/XP x64 Edition。

 ハードウェアMPEG2・4エンジンは、なんでも換太郎やMPEGCraft 3 DVDのほか、同社TV視聴・録画・メディア統合ソフト「FEATHER2006」、業務向けノンリニア編集システム「EDIUS Pro 3」、Premiere用プラグインとしても活用できるPCI Express x1接続タイプのハードウェアエンコーダ搭載増設カード。

 同機に付属する「なんでも換太郎mini」にて、MPEG-2、PSP/iPodにて再生可能なMPEG-4ファイル変換をハードウェア処理にて行える。なおDVStorm XA/超編Ultra EDIT2などとの併用により(単体では活用できない)、HDV/DV入出力なども行える。搭載インタフェースはHDV/DV入出力用6ピンIEEE1394、4ピンIEEE1394×2(内部接続用)、コンポーネントビデオ出力用BNC×3。

photo ローカルファイルに対してMPEG-2/4ハードウェアエンコードが行える「ハードウェアMPEG2・4エンジン」。エンコードチップとしてXCode II-Lを搭載する

 かんたん換太郎 for ZAURUSは、シャープ「ザウルス SL-C3100/3000/1000」、ウィルコムのシャープ製PHS「W-ZERO3」にて再生可能なSD-Videoフォーマット/WMVファイルへの変換・転送に対応した動画変換ソフト。関連製品として、ゲームボーイアドバンスSP/ニンテンドーDS向けポータブルAVプレーヤー「プレイやん」用(関連記事参照)や、VHSテープからのDVD-Video作成に特化したパッケージ「テープまるごとDVD(VHS編)」、MPEG-2/DivX Videoなどへの変換も行える「かんたん換太郎 Pro」などが発売されている。2月8日19時から、同社直販サイト「Canopus Direct Shop」にて販売を開始する。

 用意されるプロファイルは以下の通り。

ザウルス用W-ZERO3用
高画質映像:MPEG-4 SP 320×240ドット/638kbps/25fps
音声:G.726 8kHz 16ビット/40kbpsモノラル
映像:WMV 320×240ドット/256kbps/29.97fps
音声:WMA 48kHz 16ビット/64kbpsモノラル
標準映像:MPEG-4 SP 320×240ドット/470kbps/25fps
音声:G.726 8kHz 16ビット/32kbpsモノラル
映像:WMV 320×240ドット/192kbps/29.97fps
音声:WMA 44.1kHz 16ビット/48kbpsモノラル
長時間映像:MPEG-4 SP 320×240ドット/304kbps/25fps
音声:G.726 8kHz 16ビット/24kbpsモノラル
映像:WMV 320×240ドット/128kbps/29.97fps
音声:WMA 32kHz 16ビット/40kbpsモノラル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう