カノープス、各種携帯プレーヤー対応の動画変換ソフト「なんでも換太郎」

» 2006年02月08日 19時16分 公開
[ITmedia]

 カノープスは2月8日、多機能動画ファイル変換、HDV・MPEG編集/DVD作成、ハードウェアMPEG-2/4エンジンなど、動画ファイル取り扱い・DVD作成などに対応する製品群を発表、3月上旬より発売する。

 ラインアップは、多数の動画ファイル変換に対応する「なんでも換太郎」、MPEGからHDVフォーマットに対応する動画編集・DVD作成ソフト「MPEGCraft 3 DVD」、ハードウェアMPEG-2/4エンコードが行える増設カード「なんでも換太郎対応 ハードウェアMPEG2・4エンジン」、ザウルス・W-ZERO3にて再生可能な動画形式へ変換できる「かんたん換太郎 for ZAURUS」の4製品。

 価格は以下の通り。

製品名価格発売日
なんでも換太郎オープン(予想実売価格:9800円)2006年3月上旬
MPEGCraft 3 DVD7000円(税別)
MPEGCraft 3 DVD アップグレード版3500円
なんでも換太郎対応 ハードウェアMPEG2・4エンジンオープン(予想実売価格:3万9800円)
かんたん換太郎 for ZAURUS1995円(税込み)

 なんでも換太郎は、同社が従来より発売していた「かんたん換太郎」シリーズの上位版製品という位置付けにて、「PC内の動画を、カット・編集し、携帯動画プレーヤーなどで再生する」ことをごく単純な操作で簡単に行える、多ファイル対応の動画ファイル変換ソフト。昨今の携帯動画プレーヤーにて再生可能なファイルに簡単に変換できることを特徴とする。

photo 動画ファイル読み込み・編集から、各種携帯動画プレーヤー用ムービーへの変換・転送を簡単に行えるよう、携帯動画プレーヤー用プロファイルがあらかじめ用意されている

 対応プレーヤーはiPodやPSP、プレイやん、PLAY-YAN micro、W-ZERO3、ザウルス SL-C3100、エプソンP-2000/4000など。これら用の出力設定があらかじめプリセットされる。

 対応入力フォーマットは、Codecインストール済みのWindows Media Playerで再生可能なMPEG-1/2/4、DivX Video、XviD、WMV、DV(AVI)。ほかHDVカメラからキャプチャーしたHDV、Canopus HQ(カノープスHQファイルで圧縮したAVIファイル)などハイビジョン素材の取り込みにも対応する。対応出力フォーマットはMPEG-1/2/4、SD-Video(松下電器製ソフトウェアCodec MediaArtistを使用)、DivX Cideo 5.2.1、WMV。対応OSは、Windows XP SP2以降/XP x64 Edition。

 MPEGCraft 3 DVDは、DVDカムからのファイルや既存MPEG2ファイルを、カット編集し、メニュー付きDVDを作成できるムービー編集・DVD作成ソフト。インタフェース変更による操作性の向上、DVDメニュー作成ウィザードの設置、ドルビーデジタル出力/HDVカメラ入出力対応、DVD-VR対応などが主な変更点となる。

photo カット編集やチャプターポイントの設定、DVDメニュー作成など、よく使う機能をより簡単に操作できるようになった

 対応出力フォーマットは、MPEG1/2、VOB、HDV(以上、映像)、MPEG-1 Audio Layer2、リニアPCM、ドルビーデジタル(以上、音声)。対応入力フォーマットは15MbpsまでのMPEG-1(システムストリーム)、MPEG-2(プログラムストリーム)、VOB、HDV(MPEG-2トランスポートストリーム)。ドルビーデジタル出力は5.1ch対応HDDカムやDVDレコーダーで記録したドルビーデジタル音声が扱える。

photo なんでも換太郎と連携することで、DivXやMPEG-4 SPなどへのファイル変換も行える

 対応出力メディアは、2層DVD±R、DVD±R、DVD±RW(DVD-RWへのDVD-VRモード記録含む)、DVD-RAM。対応OSは、Windows XP SP2以降/XP x64 Edition。

 ハードウェアMPEG2・4エンジンは、なんでも換太郎やMPEGCraft 3 DVDのほか、同社TV視聴・録画・メディア統合ソフト「FEATHER2006」、業務向けノンリニア編集システム「EDIUS Pro 3」、Premiere用プラグインとしても活用できるPCI Express x1接続タイプのハードウェアエンコーダ搭載増設カード。

 同機に付属する「なんでも換太郎mini」にて、MPEG-2、PSP/iPodにて再生可能なMPEG-4ファイル変換をハードウェア処理にて行える。なおDVStorm XA/超編Ultra EDIT2などとの併用により(単体では活用できない)、HDV/DV入出力なども行える。搭載インタフェースはHDV/DV入出力用6ピンIEEE1394、4ピンIEEE1394×2(内部接続用)、コンポーネントビデオ出力用BNC×3。

photo ローカルファイルに対してMPEG-2/4ハードウェアエンコードが行える「ハードウェアMPEG2・4エンジン」。エンコードチップとしてXCode II-Lを搭載する

 かんたん換太郎 for ZAURUSは、シャープ「ザウルス SL-C3100/3000/1000」、ウィルコムのシャープ製PHS「W-ZERO3」にて再生可能なSD-Videoフォーマット/WMVファイルへの変換・転送に対応した動画変換ソフト。関連製品として、ゲームボーイアドバンスSP/ニンテンドーDS向けポータブルAVプレーヤー「プレイやん」用(関連記事参照)や、VHSテープからのDVD-Video作成に特化したパッケージ「テープまるごとDVD(VHS編)」、MPEG-2/DivX Videoなどへの変換も行える「かんたん換太郎 Pro」などが発売されている。2月8日19時から、同社直販サイト「Canopus Direct Shop」にて販売を開始する。

 用意されるプロファイルは以下の通り。

ザウルス用W-ZERO3用
高画質映像:MPEG-4 SP 320×240ドット/638kbps/25fps
音声:G.726 8kHz 16ビット/40kbpsモノラル
映像:WMV 320×240ドット/256kbps/29.97fps
音声:WMA 48kHz 16ビット/64kbpsモノラル
標準映像:MPEG-4 SP 320×240ドット/470kbps/25fps
音声:G.726 8kHz 16ビット/32kbpsモノラル
映像:WMV 320×240ドット/192kbps/29.97fps
音声:WMA 44.1kHz 16ビット/48kbpsモノラル
長時間映像:MPEG-4 SP 320×240ドット/304kbps/25fps
音声:G.726 8kHz 16ビット/24kbpsモノラル
映像:WMV 320×240ドット/128kbps/29.97fps
音声:WMA 32kHz 16ビット/40kbpsモノラル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 会話が禁じられた謎のメタバース空間「ぷらっとば〜す」なぜ炎上? 内閣府の孤独・孤立対策強化月間企画だが…… (2024年05月30日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  7. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  8. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
  9. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー