レビュー
» 2006年03月02日 17時00分 公開

週末アキバPick UP!レビュー:PCIスロットをHDDマウンタにできる便利パーツ──バリューウェーブ「IP-352/251」 (1/2)

アキバに登場したこだわりパーツをとりあえず試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、PCIスロット装着型のHDDマウンタ「IP-352」と「IP-251」をチェックした。

[古田雄介(アバンギャルド),ITmedia]

 バリューウェーブ「IP-352」と「IP-251」は、ともにPCIスロットに装着するタイプのHDDマウンタだ。3.5インチHDD用が「IP-352」で、2.5インチ用が「IP-251」となる。IP-251には44ピン−40ピン(オス)IDE変換+4ピン電源ケーブルも付属する。

photo 3.5インチHDD用の「IP-352」(左)と、2.5インチ用の「IP-251」(右)。実売価格は、IP-352が1100円前後(最安値をチェックする)、IP-251が1900円前後(最安値をチェックする)

マウンタとしての剛性もそこそこ。設置も容易

 使い方は製品写真を見れば一目瞭然だ。PCIスロットと背面ブラケットを利用して、HDDマウンタを増設する仕組みだ。

 IP-352は、ブラケットを2段ぶん使用するタイプで、HDDの反対側に6センチファンも装着できるようになっている。ただ、6センチファン用の穴しか空いていないのは少し残念。もう少し大型/低速回転/静音タイプのファンを活用したいと思うユーザーも多そうだ。

 さて心配だったHDDマウンタとしての安定感は、接続してみるとほとんど気にならない。HDD設置後もたわむことはなく、スロットに固定したあとでコネクタを接続する作業を行う場合も心配はない。

photo HDDを装着するとこのような感じとなる。ねじ位置の関係から、ブラケットとの間に1.5センチ程の隙間ができる。キットには樹脂製ワッシャーも付属しており、HDDの振動によるビビリ音なども抑える効果があるだろう(左)。ケースにはこのように収まる。幅広いフラットケーブルを用いるIDE接続にて、底面や前面下部にファンを搭載するケースを使用している場合はエアフローが若干心配なところなのだが(左)
photo ミドルタワーケースの場合、通常の3.5インチベイとIP-352にマスター/スレーブとして2基のHDDを実装するのは、IDEケーブルの種類により無理が出る場合もありえる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう